5%の人があてはまる!? 睡眠時無呼吸症候群とは(All About)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
出典元: 睡眠時無呼吸症候群は、100人中2~7人に該当するものの、適切な治療を受けている人は少ないと考えられている病気です。睡眠時無呼吸症候群のメカニズムと大まかな種類について解説します。

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている時に呼吸が止まる「無呼吸」症状や、呼吸の回数が減る「低呼吸」が原因で睡眠障害が起こってしまう病気です。実際には睡眠の質が下がっているにも関わらず、診察に訪れる患者さんの多くが自分の睡眠不足を認識しておらず、日中、知らないうちに居眠りしてしまうことも問題です。

もしあなたが家族やベッドパートナーから、「眠っている間に呼吸が止まっているよ」と言われたことがあったり、いびきをかく癖があり、眠っているつもりなのに眠気が取れないような場合、この「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群は「21世紀の国民病」といわれるほど、多くの人がかかっている病気ですが、適切な治療を受けている人はまだ少ないのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です