(いま子どもたちは)15の春、島を巣立つ:2 「はじけてる!」、自由さにひかれ(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 小川裕己さん(中央)が新島を出るのに合わせ、同じ飛行機で同級生も遊びに来た=3日、東京都調布市の調布駅前

(No.1569)

 3月、新島中学校(東京都新島村)で卒業式があった後、小川裕己(ひろみ)さん(15)は日差しに輝く青い海に制服のまま飛び込み、白い砂浜で友だちとはしゃいだ。幼い頃からみんなで大家族のように育った島は大好きだ。その故郷を巣立ち、寮で暮らす日々がまもなく始まる。
 新天地は、埼玉県飯能市の自由の森学園だ。点数で評価せず新しい教育を目指し、開校34年。制服も校則もない。一人ひとりの能力や感性を大切に「自立と自由を携えた『個』を育む」――。そんな学校の話を姉から聞いて、興味を持った。
 裕己さんは聞いて理解する力は十分あるが、読み書きは不得意だ。……
本文:863文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です