「AIを見くびっています」 『国家と教養』藤原正彦氏の「AI vs.人間」論(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: “AIは人間には取って代われない?”(※写真はイメージ)

AIが人間の仕事の大半をこなせるようになる――そういう日が遠からず来るというのは、定説になりつつある。その良い面は人手不足の解消につながることだろうし、悪い面は職を奪われることだろう。そして後者の方を心配する人は少なくない。
 しかし、ベストセラー『国家の品格』の著者として知られる数学者の藤原正彦氏はこうした見方を一蹴する。3月31日に放送された「報道プライムサンデー」(フジテレビ系)で、藤原氏は次のような持論を述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です