(2018日本シリーズ:中)エース 歩んできた道、対照的 プロ野球(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 広島の大瀬良

■広島VS.ソフトバンク

 ■大瀬良、ドラ1入団で新人王/千賀、育成から反骨心で頭角
 日本シリーズ(S)の大舞台で、対照的な野球人生を歩んできた2人の投手がチームの柱となって戦う。
 広島の大瀬良大地(27)は、常に世代のトップ集団にいた。2009年、長崎日大高のエースとして選手権大会で甲子園出場。九州共立大でも順調に成長し、13年秋のドラフト1位で広島に入団した。即戦力の期待通り、1年目から10勝を挙げて新人王を獲得した。
 自身2度目の日本S。日本ハムと対戦した16年は救援で1敗した。「シーズンと別物。……
本文:1,140文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です