仲間を蹴落とすと会社の生産性は下がる!?(All About)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 何が流行し廃れるか予測不可能な社会。企業が成功するために必要なのは、チームの「心理的安全性」のようです

あなたが働いている職場の雰囲気は、「心理的安全性」が高いですか? 心理的安全性(psychological safety)とは、 周囲に悪く見られることを心配せず、自分の感情や意見を忌憚なく話し、ありのままに行動できることです。

「心理的安全性」は心理学で使われている言葉ですが、世界的に注目されるようになったのは、2012年、米国 Google社の生産性向上計画の分析結果がきっかけです。同社が社内で生産性の高いチームの特性を多角的に分析したところ、共通する点が「心理的安全性」だったのだそうです。つまり、恥をかくことやを悪く評価されることを心配せずに、忌憚なく意見を言えるような雰囲気の中で働けることが、生産性向上の要因になっていたのです。

この分析結果には、当のGoogleだけでなく世界中が驚きました。なぜなら、企業とは利益を追求していく集団です。しかも、グローバル企業は世界中を相手に競争している組織です。そんな企業で働く人間には、「他人を蹴落とすようなタフさや闘争心」がないと生き残れない――こうしたイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし、世界1、2位を争うグローバル企業、あのGoogle社内の高生産性チームに共通していたのが、「心理的安全性」であったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です