東京国際映画祭、コンペ最高賞はフランスの「アマンダ」、脚本賞と2冠(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 東京国際映画祭の授賞式後、記念撮影に臨む主な受賞者たち=2日、東京都港区(高橋天地撮影)

東京都港区の六本木ヒルズなどで開催されていた第31回東京国際映画祭は2日、コンペティション部門の各賞が発表された。最高賞の東京グランプリは「アマンダ(原題)」(フランス、ミカエル・アース監督)が獲得し、最優秀脚本賞と合わせ2冠に輝いた。同映画祭は3日、閉幕する。

 同作品は、テロで親を失った青年とめいが、生きがいを見つけ再生するまでの心の軌跡を繊細なタッチで描いた。授賞式を欠席したアース監督はビデオメッセージを寄せ、「2冠の受賞をとても誇りに思う。またいつか東京を訪れ、皆さんとこの作品について議論したい」と喜びを語った。

 日本からコンペ部門に参加した「半世界」(阪本順治監督)は観客賞を受賞した。「愛がなんだ」(今泉力哉監督)は賞に絡まなかった。同映画祭は3日、閉幕する。

 その他の主な賞は以下の通り。審査委員特別賞=「氷の季節」(デンマーク、マイケル・ノアー監督)▽最優秀監督賞=「堕ちた希望」のエドアルド・デ・アンジェリス監督(イタリア)▽最優秀女優賞=「堕ちた希望」のピーナ・トゥルコ▽最優秀男優賞=「氷の季節」のイェスパー・クリステンセン▽最優秀芸術貢献賞=「ホワイト・クロウ(原題)」(英国、レイフ・ファインズ監督)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です