仏で加速する日本漫画人気 過去最多規模、漫画専門店も(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: パリ中心部にある日本漫画専門店「HAYAKU SHOP」。仏語訳された日本漫画約6千冊を扱う

「バンド・デシネ」(B(ベー)D(デー))という独自の漫画文化を持つフランスで、日本の漫画の人気が加速している。昨年1年間の売り上げは1500万部を突破し、過去最多規模に。パリの書店には日本漫画専門のコーナーも設置された。一過性のブームにさせないため、日本側も定着へのさまざまな取り組みを実施している。(本間英士)

 ■ストーリーに魅力

 パリ中心部の学生街、カルティエラタン。その近くには日本漫画専門店「HAYAKU(ハヤク) SHOP(ショップ)」がある。仏語訳された漫画約6千冊が並び、日本の書店かと見間違うほどだ。バスチーユ広場に近いケレ通りにも漫画専門店やコスプレ専門店が並ぶ。パリ市内では仏語訳をそろえた漫画喫茶もできたという。

 こうした現象は“日本マニア”向けの店だけではない。パリ中心部にある仏総合チェーン「フナック」レ・アル店では、BDと併設する形で「MANGA」コーナーを設置。年代や人種を問わず、多くの人が日本漫画を手に取っていた。店員のダヴィド・オーヴュレさんは「日本漫画はBDとも、米国のアメコミとも全く違う。芸術性に重きを置くBDよりカジュアルに読め、ストーリーに独特の魅力がある」と語った。

 ■浮世絵受容と類似

 フランスでの日本漫画市場は好調だ。仏メディアによると、昨年は仏国内で1500万部の日本漫画が販売され、3年間で10%近い伸びを見せた。仏AFP通信は「フランスは日本に次ぐ漫画大国」と表現する。

 隣国の英国やドイツでは、日本漫画はここまで浸透していない。なぜフランスではここまで受け入れられているのか。日仏両国の文化事情に詳しいキュレーター、佐藤ジュリアンさん(36)は「もともとフランスにはBDの文化が根強く、漫画を受け入れる素地があった」と指摘する。

 フランスで日本漫画が広がり始めたのは1990年代。ジュリアンさんは、この歩みが19世紀後半、画風の全く異なる日本の浮世絵が仏社会に受け入れられた過程と重なると指摘したうえで、「個人主義のフランスでは、仲間と協力して勝利を目指す日本漫画が新鮮に映った。若いフランス人は何らかの形で日本の漫画やアニメに親しんでいる」と断言する。

 ■日本語教育に注力

 その一方で、絶大な人気を誇った『NARUTO』の連載終了など、今後には不安要素も残る。国際交流基金ジャポニスム事務局の増田是人事務局長は「一過性のブームで終わらせてはならない」と強調する。

 外務省関係者によると、フランスではビジネスに有利な中国語を子供に習わせようとする親が多い。だが、当の子供たちの間では「漫画やアニメを見たい」との理由で、むしろ日本語学習のモチベーションが高まっているという。

 国際交流基金は、現地の子供に日本語を教える機会を設けるなどの啓発活動に力を入れる。増田さんは「重要なのは『教育』だ。今後も日本語や日本漫画に親しむ機会を作っていきたい」と意気込みを語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です