「挑戦」続ける女性サックス奏者のパイオニア 小林香織、12枚目アルバム『Be myself』リリース(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: サックスを構える姿も映える小林香織

女性サックス奏者のパイオニア的存在の小林香織(36)が12枚目のアルバム『Be myself』をリリースした。「挑戦」と語る本作は自身のアーティスト気質とサックスへの愛情がたっぷり詰まっている。

 デビュー13年目でコンピューターで音を作り上げていく「打ち込み」を使ったレコーディングに挑戦。今作では、自身初となる全楽曲打ち込み収録を行った。

 「打ち込みはデジタルで機械的。すべての音が完璧では面白くないこともある。どこか人間らしさを残すことにこだわっています」

 ほぼすべてがデスクワークだったが、あえてそのスタイルに挑戦したのは、長年付き合ってきた相棒の“気の毒さ”を解消するためだ。

 「地球上のみんながサックス=ジャズだと思っている。そのイメージがサックスにとっては窮屈にみえるんです。サックスにはもっと伸び伸び音楽をしてほしいし、どうプロデュースすれば、魅力的か実験し続けています」

 「挑戦」し続けるその試みは、女性プロサックス奏者のパイオニアとしての責任感が見え隠れする。実は同じアーティストの世界に身を置く写真家の父の口癖が原動力だという。

 「人と違ったことをしたがるんです。クリスマスソングを夏に聴いてみたりとか、年中ウエスタンブーツを履いてみたりと。父から『人と同じことをするな』とずっと言われていたことが関係しているのかしれません」

 「人と違ったこと」を心がけてきたことが、まさに今の仕事のきっかけだ。

 女性のサックス奏者など、ほどんど存在しなかった高校1年の3月にサックスを始めた。プロを目指すにはあまりにも遅いスタートだったが、それものめり込む性格が功を奏した。趣味の水泳は多いときで週5のプールと筋トレで自らを追い込み、大会に出場したこともあるほど。結果は最下位だったそうだが、そのストイックさが『小林香織』を作り出したのだ。

 20日からはレコ発ツアーも控える彼女。

 「ライブは生なので打ち込みとはまったく違う音圧を感じてもらえると思う。その日、その時、その場所でしか聞けない音を聴いてもらいたい」(松村友二)

デビューから32年…坂本冬美の「最上の幸せ」とは? 故郷・和歌山へ感謝込めたシングル「ふるさとの空へ」リリース(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 故郷への思いを歌う坂本冬美

歌手、坂本冬美(51)が故郷・和歌山への感謝を込めて、リリースした4曲入りコンセプト・シングル「ふるさとの空へ」。そこには、坂本の“歌”に対する思いがあふれている。

 1曲目「熊野路へ」の作詞作曲は吉幾三。「やっぱり吉さんの世界といいますか、だんだんと気持ちが高まっていくメロディーラインは、さすが“吉マジック”という感じですね」

 収録曲には故郷・和歌山への思いが詰め込まれている。ただ、歌い方には気を遣ったという。

 「なるべく自分の思いを乗せないようにしたんです。みなさんが自分の思いや人生を重ねて、世界を広げられるように、自分だけの歌にしないように心がけました」

 デビューから32年。演歌の世界ではまだまだ中堅。歌への思いはだんだんと変化している。

 「気負いはなくなりましたよ。デビュー当時は『ヒット曲を出したい』と思っていたけど、今ではむしろ自分との戦いですね。自分はきちんとみなさんに歌を届けることができているのかって」

 11月2日からは、大阪・新歌舞伎座で特別公演に臨む。女優、泉ピン子(71)をゲストに舞台「恋桜-いま花明かり-」で芸妓を演じる。

 「これまでの舞台はどこかで“歌手芝居”という思いがあったかなと。今回はそうも言ってはいられない。座長とは名ばかりで、とびこんでいく気持ちですよ」

 芸妓の立ち居振る舞いに少しばかり不安もあるが、演出の石井ふく子先生には「心配するな」と言われている。「お三味線や踊りとかどうしようと思っていましたが、石井先生からやらなくていいと言われてホッとしています」

 10月31日には3枚組のベスト盤「道」(ユニバーサル)もリリース。師匠である二葉百合子の「岸壁の母」のロングバージョンも収録する。「師匠の域にはまだまだですが、とりあえずは60歳までは現役感をもって歌っていきたいですね」

 ライブが好きだ。「ライブの最後、客席のみなさんの顔が喜んでいるのを見るのが一番。人生でこれ以上の幸せはまだ経験ないですね。お客さまの顔を見て、楽しめるようになったのもここ数年。気負いがなくなったからでしょうね」(福田哲士)

ヤバい辞書『現代新国語辞典』 「恋」の定義は? 「沼」「草」も仲間入り(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 新たに加わった【沼】と【草】の意味

10月16日(辞書の日)に発売された『三省堂現代新国語辞典 第六版』がネットで「ヤバい辞書」と話題になっている。

 例えば【沼】という単語には、従来の「くぼ地に自然に水がたまってできた、どろの深い所」という説明に加え、新たに「趣味などに、引きずりこまれるほどのめり込んでいる状態のたとえ」という説明が書き加えられた。具体的な使用例としては、「カメラでレンズの沼にはまる」が挙げられている。

 また、新たに加わった【草】という単語については「[ツイッターなどで]笑う(・あざける)こと、笑えること」と説明されており、「waraiの頭文字を並べたwwwが、草が生えているように見えることから」と由来も記されている。同辞典には、ほかにも「ギガ」「ポチる」「イキる」「スクショ」「バズる」「ワンオペ」などが仲間入りした。

余計なお世話「たばこ」警告メッセージ 識者が警告する“社会的イジメ”(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 非喫煙者も明日は我が身?(※写真はイメージ)

「一服」の語源は、お茶やたばこを呑むことに由来する。古来、紫煙を燻(くゆ)らせるのは、ひとときの清涼剤――の筈(はず)だった。今や自販機で気軽に買えるこの二つを比べると、たばこのパッケージは、人体への害を謳(うた)う警告メッセージが喧(やかま)しい。喫煙者から余計なお世話との声も聞こえてくるが、非喫煙者も明日は我が身。社会的なイジメの連鎖を、識者たちは“警告”する。

元祖・ご当地アイドルの「橋本環奈」 3度目の正直でようやくブレイクの兆し(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 3度目の正直となるか

Rev.from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)と聞いても、地元の福岡以外、誰も知らないような、ご当地アイドルの一員だった橋本環奈(19)。地元でのイベント出演時のたった1枚の写真から、“天使すぎる”“可愛すぎる”“1000年に1人の逸材”とネットで話題となり、NHKのニュースにまで取り上げられて、一気に全国区の知名度を得たのは2013年のこと。

 あれから5年、元祖・ご当地アイドルは上京し、その逸材ぶりを発揮する準備が整った。

 ***

フジテレビのドラマ「電車男」をハリウッドがリメーク(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 2005年6月27日、フジテレビ系新番組「電車男」の制作発表であいさつする主演の伊東美咲(右)と伊藤淳史=東京都港区(撮影・飯田英明)

フジテレビのドラマ「電車男」(平成17年放送)が、米ハリウッドによってリメークされることが16日、分かった。日本の地上波放送局制作のドラマがハリウッドでリメークされるのは初という。フジからもプロデューサーが制作に参加する。

 「電車男」はインターネット掲示板の実際の書き込みを基にしたラブストーリー。電車で酔っ払いに絡まれていた女性を助けたオタク男性が掲示板でさまざまなアドバイスを受け、女性との恋を成就させるまでを描く。16年に書籍化され、ドラマは最高視聴率が25.5%の大ヒットとなった。英語版書籍も発売され、海外にも知られている。

 ハリウッド版「電車男」は、米国の制作スタジオ「グローバルロードテレビジョン」が制作にあたる。制作総指揮は「HEY!レイモンド」などで知られ、エミー賞受賞経験のあるフィル・ローゼンサル氏が務め、プロデューサーには映画「ディパーテッド」や「ザ・リング」で知られるロイ・リー氏らが集結する。

(多民社会)日本に移り、暮らす 労働者・生活者として溶け込む外国人(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 「ななつ星」を見送るJR九州の徐芳美さん=16日午前、JR博多駅、堀英治撮影

JR九州が誇る豪華列車「ななつ星」の漆色の車両が博多駅から滑り出した。
 濃紺の制服に身を包んだ同社の徐芳美(シュファンメイ)さん(29)は、外国人を含む乗客27人を笑顔で見送った。
 中国内モンゴル自治区で生まれ、遼寧省で育った。日本に留学した親類から経験談を聞き、2008年に来日。福岡市の日本語学校を卒業後、佐賀大学で学んだ。JR九州に就職したのは「育ててくれた九州に恩返しを」との思いからだ。
 観光立国を支えるインバウンドの最前線で、日本人と同じように働く。名前の漢字から、同僚には「ビビちゃん」と呼ばれている。……
本文:1,398文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

(日曜に想う)大勢順応という時代のわな 編集委員・大野博人(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 「見送り」 絵・皆川明

「赤狩り」旋風が吹き荒れていた1951年の米国で奇妙な実験があった。
 大学の教室に集めた7人から9人の学生に2枚のカードを見せる。1枚目には直線が1本、2枚目には長短の異なる3本が並んで描かれている。このうち1本だけが1枚目の直線と同じ長さだ。
 学生たちは、その1本が3本の中のどれかと問われる。長短はかなりはっきりしている。ふつうならまちがえる率は1%に届かない。
 だが、グループの学生のほとんどが「サクラ」で本当の被験者が1人だけだとどうなるか。「サクラ」は事前に指示されたとおり同じ誤った答えを口にする。……
本文:1,524文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

「バルチック艦隊の財宝」で逮捕者!ベテランの「トレジャーハンター」が教える、健全な宝探しとは(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 八重野充弘氏

韓国でこの夏、「鬱陵島沖で発見された沈没船に15兆円相当の金塊が積まれている」という情報が駆け巡った。

 発表したのは海洋技術会社「シンイルグループ」で、見つかった船は日露戦争の日本海海戦に参加、最後は自沈したバルチック艦隊の「ドミトリー・ドンスコイ号」で、15兆円相当の金塊などが積まれていると報告。同社は引き揚げのために関連会社が発行する仮想通貨への投資を呼びかけ、約9億円を集めたという。

 しかし一向に引き揚げは始まらず、金塊があるという証拠も提示されない中、調査にあたったシンイルグループ技術諮問委員は「腐食が激しくて、引き揚げる価値のあるものは今のところない」とコメント。疑問の声も上がるなか、シンイルグループは社名を変え、地元メディアは会長が海外へ雲隠れしたと報じた。さらに会長職を引き継いだ崔氏も「150兆ウォン(15兆円)という文言はマスコミの報道から引用したもので、当社が主張しているものではない」と主張。

 疑惑を受け、当局も詐欺の疑いで捜査を開始、今月15日に取締役の男ら2人が逮捕された。当局によると、金塊があるという証拠はなく、引き揚げを行う意思や能力がないと確認したという。

 そもそも金塊15兆円分ともなれば、その重量は推定約3200トンにも上る。ドンスコイ号の積載量は6000トン弱だったとされるため、本当にそれだけの余地はあったのか、疑問は容易に湧いてくる。さらに韓国では通貨危機でどん底の1999年、とある建設会社がドンスコイ号を発見したと発表している。しかし引き揚げを目指す途中で会社が破産、投資家が莫大な損失を被った。一部韓国メディアは、この建設会社こそシンイルグループの前身であったと報じているのだ。

片山大臣、100万円の受け取りを改めて否定(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 片山地方創生相

片山さつき地方創生大臣が19日の会見で『週刊文春』が報じた国税庁に対する口利き疑惑について、改めて100万円を受け取った事実はないと否定。「すでに法的措置の段階に入っている」「しっかりと裁判の場を通じて明らかにしていきたい」として、詳細な説明は避けた。