五輪マークに導かれ 1964→2020、東京五輪とともに 開会式から54年(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 64年東京五輪の開会式でブルーインパルスが描いた五輪マーク

1964年東京五輪といえば?
 当時を知る多くの人の記憶に残っているのが、「ブルーインパルスが空に描いた五輪マーク」だ。日本中がわいた国立競技場の開会式から、10日でちょうど54年。あの時、違う角度から「五つの輪」を見つめた人たちが、2020年大会でも何かを残そうと、それぞれの道で邁進(まいしん)している。

 64年10月10日。前日までの冷たい雨から一転、東京は秋晴れに恵まれた。
 7万2千人の観客が詰めかけた開会式。選手団の中に、24歳だった重量挙げフェザー級の三宅義信(78)はいた。式の終盤、航空自衛隊の飛行チーム「ブルーインパルス」が煙で五輪マークを描いた。……
本文:2,670文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です