世界から102組、磨き抜いた技が集結 大道芸W杯(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 4本のクラブを使い超高速ジャグリングを繰り出すシャロン・ベロウセク(チェコ)=1日、静岡市葵区の駿府城公園(田中万紀撮影)

国内外の一流アーティストが静岡市内の街角や公園で世界レベルのパフォーマンスを展開する「大道芸ワールドカップ(W杯)in静岡2018」が1日、開幕した。27回目の今大会は、日本をはじめ23カ国から102組161人のアーティストが集まり、市内全域37カ所の会場で磨き抜いた技を披露する。

 メイン会場の駿府城公園(同市葵区)には、同市出身で小さい頃から大道芸W杯を見てアーティストを志した望月ゆうさくが登場。コマと身体が一体化したようなジャグリングの妙技に、多くの観客から惜しみない拍手が送られた。

 大道芸W杯を見学するのは初めてという市内の幼稚園児、鈩至穏(たたら・しおん)くん(6)は「舞台に上がってコマの回し方を教えてもらって、楽しかったよ」と声を弾ませた。岡村陽菜ちゃん(5)は「難しそうでまねできないなあ」と熟練の技に驚いていた。

 大道芸W杯は4日まで開かれ、静岡市街地は熱狂の渦に包まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です