作家の本城雅人さん、野球小説を期間限定無料配信 プロ野球開幕先送りで(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 元サンケイスポーツ記者で作家の本城雅人さん(蔵賢斗撮影)

作家の本城雅人さんの野球小説3作品が、24日から3週間限定で無料配信される。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、プロ野球の開幕が先送りされるなか、「せめて小説のなかだけでも野球を楽しんでもらいたい」という本城さんの提案で実現した。

 対象となるのは、「球界消滅」(文芸春秋)▽「スカウト・デイズ」(講談社)▽「トリダシ」(文芸春秋)-の3作品。「Kindleストア」などの各電子書店で無料配信される。文芸作品の無料配信は珍しい。

 本城さんは産経新聞社入社後、サンケイスポーツで記者として活躍。平成21年にメジャーリーグを題材にしたミステリー「ノーバディノウズ」で作家デビューした。

 本城さんのコメントは以下の通り。

 「スタジアムで贔屓(ひいき)のチームを応援し、野球中継を観戦して、夜のスポーツニュースや翌日の新聞を楽しみにするという野球ファンにとっての日常が、断たれました。子供の頃からの野球ファンで、野球のおかげで小説家になれた私にとって、この延期で野球が人々の身近なものではなくなってしまうことをとても憂慮しています。まだしばらく我慢の時期が続きますが、小説を読んで、必死にプレーする選手や野球場の景色、ドキドキする緊迫感を思い出し、皆で開幕する日を喜び合えたらと、希望を抱いています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です