コロナに立ち向かう落語家たち 「テレワーク落語」に活路、ネットショップでグッズ販売も開始(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の寄席が休業し、イベント、落語会も続々中止となるなか、落語家や寄席芸人も窮地に立たされている。芸人はこのピンチをどう乗り切るのか。

 緊急事態宣言が発令された東京・上野の鈴本演芸場をはじめ都内の演芸場や、大阪・天満の天満天神繁昌亭など全国の寄席が休館している。

 3月下旬には東京都が「週末の外出自粛」を要請したことで、落語協会の真打ち披露興行は休演。真打ち昇進した三遊亭志う歌は「たんなる儀式といえども煮え切らない感じです」と宙ぶらりんの船出となった。

 落語芸術協会も5月に予定していた真打ち披露興行を秋以降に延期。桂伸衛門と改名する桂伸三は「(真打ち)昇進できましたが残念。今は自宅待機が芸を磨くチャンスととらえています」。立川流の立川談慶も「講演や落語会60本近くがなくなり、収入は前年比90%減」と悩みは深刻だ。

 落語会や勉強会、イベントで食べている二ツ目の落語家にとってはもはや死活問題。「収入ゼロに陥った状態を打破するためにグッズ販売を始めました」と林家はな平。ネットショップでオリジナルTシャツやエコバックの販売を始めた。

 林家けい木は料理宅配サービス「ウーバーイーツ」を副業に。「シャレでもありますが…暗くならないためにもと思いましてね」(けい木)。それでも転んでもただでは起きない。「テレワーク落語」も始めた。「上方の同期、桂門四郎が最初思い付き、関東では私が最初です」とけい木。

 自ら高座をセッティングして動画サイトに配信。「PC・スマホで好きな場所で見られますから、応援したいと思った方は私の口座に“投げ銭”を。輪を広げて厳しい時期を乗り切りたい」。

 先の林家はな平も「俺んち寄席」の動画配信を再開。「高座に上がる機会の減少はとても痛手。落語家にしかできない内容にしていきます」と正念場だ。

 手探り状態のなか、ネットの動画で活路を見いだし始めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です