(未来ノート―202Xの君へ―)トライアスロン・佐藤優香 思春期の乙女心(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 2010年のユース五輪で金メダルを獲得した佐藤優香

■父一喝「どっちをとるんだ」 トライアスロン・佐藤優香(さとうゆか)
 日本のトライアスロンの第一人者で、正式種目になったシドニー五輪から日本代表の監督やコーチを務める飯島健二郎(いいじまけんじろう)さん(60)=チームケンズ監督=は、2004年のアテネ五輪後に全国各地を飛び回った。「世界で活躍するには若いうちからハート(情熱〈じょうねつ〉)をつくらないといけない」。選手の発掘(はっくつ)に乗り出した。
 陸上と水泳の各都道府県大会の資料をあさると、上位に同じ名前があった。当時中学1年の佐藤優香(さとうゆか)(27)だ。……
本文:1,033文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です