(教えて!成年後見制度:5)なぜ専門職の選任が多いの?(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 親族後見人の割合は年々減少

「今思い出しても腹が立つ」。首都圏に住む男性(88)は5年前に成年後見制度の利用を申し立てたときのことをこう振り返る。
 認知症が進んだ妻の後見人になろうと考え、家庭裁判所の案内書を頼りに2、3カ月かけて自分で書類を作った。
 家裁で書類を提出すると、職員から、資産が高額なので第三者が後見人になる見込みだと告げられた。案内書には、弁護士などの専門職が選任されうるとは書いてあったが、具体的な基準はわからず、当日聞こうと思っていた。「なぜ自分が選任されないのか」と尋ねても明確な答えはなかった。「取り下げる」と言うと「もう受付は完了している。……
本文:1,127文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です