渡辺明棋王が連勝で7連覇に王手 王将との二冠と“W王手”に/将棋・棋王戦五番勝負第2局(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 渡辺明棋王(右)が2連勝で防衛に王手

将棋の棋王戦五番勝負第2局で、渡辺明棋王(34)が挑戦者の広瀬章人竜王(32)に119手で勝利し、同シリーズ2連勝を飾った。これで7期連続7度目の棋王位に王手をかけ、同時期に久保利明王将(43)に挑戦している王将戦七番勝負(現在3勝0敗)とともに二冠にあと1勝と迫る“W王手”になった。

 今年度好調の渡辺棋王は、今年度最多対局、最多勝利を誇る広瀬竜王の攻撃を耐え切ると終盤に反撃。見事に寄せ切り、連勝を飾った。これで渡辺棋王は、8つあるタイトルで、唯一複数冠を保持している豊島将之二冠(28)に続き、今年度2人目の二冠となる可能性が、かなり高まった。

 第3局は3月10日、新潟県新潟市の新潟グランドホテルで行われる。先手は広瀬竜王で、持ち時間は4時間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です