古田新太&安田章大の音楽劇「マニアック」 成海璃子、堀内敬子ら女優陣が抜群の存在感(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 成海璃子

音楽劇「マニアック」が今月27日まで、東京・初台の新国立劇場中劇場で上演されている。俳優の古田新太(53)が関ジャニ∞の安田章大(34)を口説いて実現した舞台だ。

 とある町の山の上にある病院で、新しい医療の可能性を夢見るという大義名分の元、入院患者の人体改造実験が行われている。院長が古田、うっそうと生い茂る樹木を手入れする庭師が安田だ。

 古田のすごみを「統率力」と感服する安田と、安田を「関ジャニの中のバランサー。後は変わった人が多いので」と見抜く古田の息はぴったり。2人が風変わりな舞台をけん引するが、見どころは女優陣の魅力だ。

 院長の一人娘のメイが成海璃子(26)。医道に進んでいるが、血を見ると気を失うという職業上の決定的欠陥を持つ。後半ちょっとシモっぽいせりふもあるが、80年代風アイドルにふんして歌い踊るシーンではピンクのフリフリのミニスカが似合っている。

 「(演技で)歌うこと自体が初めてでとにかく緊張した」と1月の大阪公演当初を振り返ったが今ではすっかり板についた様子。成海を「リコピン」と呼ぶ古田は「おニャン子(クラブ)っぽいものになればいいと思って」としてやったりだ。

 看護婦長役の堀内敬子(47)がまたいい。衣装は終始看護師だが、ちょっとふくよかな感じが透けて見えて、何ともセクシーなのだ。マッドサイエンティスト風の院長の片腕として、院長に洗脳された狂気を濃淡を変えながら打ち出してくる。感情の寸法の測り方、出し方がうまい女優である。歌は文句なくうまい。元劇団四季のスキルが生きている。

 南海キャンディーズの山崎静代(40)は病院を安く買いたたこうと狙う全国チェーンホテルの女社長役。もたっとしたせりふ回しがいつもながらいい味を出す。

 他にも、古田と同じ「劇団☆新感線」の女優の山本カナコ(49)、「文学座」所属の頼経明子(40)がピリリとした存在感で舞台の幅を広げている。

 「意外にいい舞台になっちゃった」と古田が冷静に分析するまとまり感。生命を身勝手に利用しようとする医師の横暴や、社会は常に正義だけではないという現実の空気もブラックな笑いに昇華していて、混ざり合う硬軟が見事。作・演出は青木豪(51)だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です