初代女流“最速最強”伊藤沙恵女流二段!里見香奈女流四冠をフルセットで下す/女流AbemaTVトーナメント(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 優勝した伊藤沙恵女流二段

女流棋界の「最速最強」決定戦、女流AbemaTVトーナメントの決勝、里見香奈女流四冠(26)と伊藤沙恵女流二段(25)の対戦(三番勝負)が1月3日に放送され、伊藤女流二段がフルセットの末、2-1で勝利し、優勝を果たした。伊藤女流二段は、男性棋士によるAbemaTVトーナメント(持ち時間5分・1手指すごとに5秒加算)への出場権を獲得した。

 大きな壁を乗り越えた。フルセットの末に果たした“里見超え”。普段は落ち着いた様子で語る伊藤女流二段だが、直後には「もうずっとドキドキして、本当に(対局が)終わるまで。ちょっと今もまだドキドキしてるんです」を、頬を染めた。誰もが認める最強女流と、お互いの持ち味を出しつくした三番勝負を制しての優勝は、公式のタイトル戦にも匹敵する胸の高鳴りを呼び起こした。

 第1局は、作戦が見事にはまった。伊藤女流二段が採用したのは、古風な戦型。里見女流四冠を抑え込みにかかり、手も足も出させなかった。解説を務めた橋本崇載八段も「意外な差がつきました。何も悪いところがない会心譜だったかと思います」と語るほどの完勝だった。1回戦から無傷の4連勝で勝ち上がってきた最強女流に初黒星をつけたことで、精神的にはまず一歩リードした。それでもあっさり越えられるほど、その壁は低くなかった。第2局は一転して里見女流四冠のペース。今度は逆に完敗した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です