(いま子どもたちは)病児教育にICT:5 一緒に高校卒業、ネットで実現(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 入院中の出来事を振り返る榎本翔太さん(右)と中久保和志先生=9日、京都市伏見区の桃陽総合支援学校

(No.1507)

 榎本翔太さん(18)が脳腫瘍(しゅよう)と診断されたのは昨年7月。京都市立洛陽工業高校3年生の時だった。同校は統合されるため、榎本さんは最後の卒業生として翌春に仲間と巣立つ予定だった。だが、入院で出席日数も単位も不足する見通しで、「通信制に転学するのが良いかもしれない」と言われた。
 「脳腫瘍の上に、学校が替わって友達と離れるなんて、ショックがでかくて……」
 入院した京大病院には、京都市立桃陽総合支援学校の院内学級があった。「ネットで洛陽工高と病院をつなぎ、授業を受ければ単位取得が可能では」と提案した。……
本文:853文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です