(インタビュー)障害ある子の学び 遠山真学塾主宰・小笠毅さん(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 「障害児の教育は、結局お母さんにしわ寄せがいく。それが『私にはできない』になってしまう」=角野貴之撮影

ダウン症や自閉症の子どもたち向けの塾「遠山真学塾」を開き、算数を中心に教えてきた小笠毅さん。気づいたのは、「障害のある子どもたちは、学びたいという意欲でいっぱい」ということ。35年にわたり子どもたちと接してきた教育者は、こう問いかける。障害のある子たちの学ぶ権利が、ないがしろにされていませんか。

 ――どのような塾ですか。
 「ダウン症や自閉症、学習障害など学ぶことに困難を抱えた人のための塾です。教室はビルの1フロア。長机に講師と生徒が向かい合って座り、マンツーマンで週に1度、90分の授業をしています。学校の教科書も広げつつ、タイルなど独自の教材を使い教えています。……
本文:3,635文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です