睡眠中に本当の自分が現れる!寝相でわかる性格診断(All About)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 無意識のうちの寝相にこそ、本当の性格が出ているかもしれません。心理学で研究された寝相と性格の関係をご紹介します

2009年6月に睡眠時間を記録するサイト「ねむログ」が、20~60歳代の男女4,914人を対象として、グッスリ眠れる姿勢を調査しました。

その結果、横向きが46%と最も多く、第2位の仰向けが34%、第3位のうつ伏せが18%でした。1%ですが、座って眠るという人もいました。

寝つくときは、自分が一番好きな姿勢をとると眠りやすくなります。そのときの姿勢は、他の調査でも横向きが多いようです。ですから、「仰向けで眠るのが正しい眠り方だ」など誤った思い込みがあると、眠れなくなるかもしれません。

眠ってしまえば、姿勢をコントロールすることは不可能です。寝つくときの姿勢と最初の深い睡眠が終わったときの寝相は、多くの場合異なっています。熟睡すれば寝相が悪くなるのは仕方がないことで、寝返りが少ない子どもは、脳神経の発達が遅れている可能性があるほどです。

とはいえ、成長するにしたがって寝相もよくなってきます。子どもは眠っている間によくベッドから落ちますが、大人で落ちる人はあまりいません。それは、眠っているときでも脳の「見張り番」が働いていて、ベッドの縁を感知しているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です