「通行証」は”信用”で運用されてきた!? 拳銃を携帯していない「衛視」…国会議事堂の安全リスクを考える(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 通行証

「今思えば、少し軽率であったのかなと」。そう片山さつき地方創生担当大臣が釈明したのは、「口利き」疑惑に関与したとされる税理士に参議院の「通行証」を貸し出していた問題だ。税理士について片山大臣側は過去3年半にわたって「私設秘書」として申請していたという。

 「通行証」の問題は与党議員にとどまらない。野党・国民民主党の大西健介衆議院議員も、人を介して依頼された元コンサルタント会社役員に通行証を貸与していたことがわかっている。元コンサルタントは文科省汚職事件に絡み“霞が関ブローカー“と呼ばれていた人物だ。大西議員は「まともに話したこともないのに渡したのは軽率だった」と話している。

 国権の最高機関で浮き彫りになった対策や管理の甘さ。13日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、国会の安全の問題を議論した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です