南座2年9カ月ぶり開場 松本幸四郎さんらの3代同時襲名披露(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
耐震改修工事を終えた南座(京都市東山区)が1日、約2年9カ月ぶりに開場し、「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」が初日を迎えた。

 例年、師走の風物詩となっている顔見世興行は新開場を祝い、1カ月前倒しして幕を開けた。夜の部では歌舞伎俳優の松本白鸚(はくおう)さん、松本幸四郎さん、市川染五郎さんが親子3代で襲名を披露。幸四郎さんが「新開場する南座に立てることをうれしく思う。3代そろっての襲名はこの上なき幸せ。なお一層芸に精進して参ります」とあいさつすると、客席から「高麗屋!」のかけ声が飛ぶなど、万雷の拍手が送られた。

 国の登録有形文化財に指定されている南座は、昭和4年に完成。工事では外観を維持したまま耐震補強を行い、新たに観客用のエレベーターを設けてバリアフリー化を進めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です