(てんでんこ)商店街:23 スナック(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: スナック「もも」の会川桃子さん=福島県いわき市

■炭鉱閉山、バブル崩壊、原発事故……。ママは53年間、生き残ってきた。
 東日本大震災の後にオープンした福島県いわき市の飲食店街「夜明け市場」は、もともと「白銀小路(しろがねこうじ)」というスナック街だった。
 そのスナック街が始まった1965年から続く最古参の店が、今もある。ママの会川桃子(あいかわももこ)(80)が1人で接客する「もも」だ。
 会川によると、かつてここには29軒のスナックがあった。着飾った女性たちで華やぎ、40メートルほどの路地は連夜、男性客で混み合ったという。
 常磐炭田(じょうばんたんでん)があったころ、炭鉱会社の幹部もよく来店した。……
本文:1,013文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です