「ラジアメ」元リスナーも多数参加「大橋照子の話し方教室」 立派な社会人になった姿に喜び(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 大橋照子さん

【伝説のDJ大橋照子 やっぱりラジオはアメリカン】 

 1980年代前半、中高生の絶大な支持を得た深夜ラジオ「ラジオはアメリカン」(ラジアメ)が終わって22年。今も番組を愛する出演者やスタッフが集まり、「同窓会」を開くことになった。パーソナリティーだった大橋照子はファンとの再会を心待ちにしている。

 ◇

 今、一番力を入れているのは「大橋照子の話し方教室」。人前で緊張しないで、上手に話すことができるよう、全国のビジネスマンにスピーチの指導をしているんです。実はその受講生にも、ラジアメの元リスナーが多いんですよ。

 インターネットラジオで「大橋照子のドキドキラジオ」という番組もやっています。これはラジアメのリスナーたちから「僕たちがスポンサーになるから番組をやって!」と言われたのがきっかけで始まったんです。月額500円の会員制番組です。本当に多くのリスナーに支えられて、ここまでやってこられたんだと感謝しています。

 以前から当時の番組スタッフと会うたび、「同窓会をやりたいね」って話していたんですが、今回ようやく実現することになりました。そして、どうせなら当時の番組と同じことをやろう-ということになったんです。

 つまり、全国の元リスナーからおもしろメールを送ってもらい、それをステージで読んでツッコミを入れる。1日限定の“ラジアメ復活イベント”です。

 あの頃と違うのは、読むのが「はがき」じゃなくて「メール」という点。メールの送信先とチケットの購入方法は、イベントの公式ホームページ「大橋照子と斉藤洋美の帰ってきたラジオはアメリカン」を見てくださいね。

 タイトルからもわかる通り、私の後任パーソナリティーの斉藤洋美ちゃんや、構成作家の鶴間政行さんも出演します。しかもイベントの運営や演出も、当時のリスナーたちが手伝ってくれるんです。とはいえ、みんな番組制作や演出のプロとして活躍している面々。リスナーたちが社会に出て立派に活躍する姿を見るとうれしくなります。

 みんなと会えるのがとっても楽しみです。待ってますね!=おわり(構成=穐田文雄) 

 ■大橋照子(おおはし・てるこ) 山口県出身。1975年、慶應義塾大学文学部を卒業し、日本短波放送(当時)にアナウンサーとして入社。「ヤロウどもメロウどもOh!」のDJとして人気に火が付く。81年に退社しフリー。半年後にスタートした「大橋照子のラジオはアメリカン」が中高生リスナーの絶大な支持を得る。現在はラジオNIKKEI「私の書いたポエム」他を担当。NPO日本スピーチ・話し方協会代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です