相談、ためらわないで―性暴力被害の潜在化防ぐ 「NARAハート」来月開設 奈良(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
性暴力被害者のためのワンストップ支援センター「奈良県性暴力被害者サポートセンター・NARAハート」が10月2日、奈良市の県女性センター内に開設されることが決まった。

 センターでは、専門の研修を受けた女性相談員3人が電話や来所での相談に対応。被害者の心情や希望に配慮しながら、協力病院や警察、弁護士、こども家庭相談センター、臨床心理士ら専門家による中長期的な支援につなげる。警察への相談や病院の受診時に付き添うことも可能だ。

 性暴力をめぐっては、病院での受診やカウンセリング、捜査機関への相談などを1カ所で受け付ける「ワンストップ支援センター」の開設が全国で進んでおり、奈良県は最も遅れていた。県はその理由を「県警やなら犯罪被害者支援センターが相談窓口を設けて対応してきた」と説明するが、警察への相談をためらう被害者は多い。

 内閣府の平成29年度調査では、性暴力被害者の約6割が「どこにも相談しなかった」と回答し、警察に相談したのはわずか2・8%だった。県警によると、昨年の県内の性犯罪(強制性交、強制わいせつ)の認知件数は54件。この数字の裏で、多くの被害が潜在化しているとみられる。

 県担当者は「誰にも言えずにいる被害者が、安心して相談できる場所にしたい。被害者の心に寄り添う支援を目指す」と話した。

 相談受付は火~土曜日の午前9時半~午後5時半。性別は問わない。相談は専用ダイヤル(電)0742・81・3118。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です