初のアレルギー戦略を了承 厚労省検討会(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に対し、厚生労働省の検討会は28日、今後10年間の研究や治療などの方策を示す初のアレルギー戦略を了承した。目指すべき目標として「革新的医療技術による治療の実現」「防ぎ得る死の根絶」などを掲げた。厚労省は来年度予算に研究開発費を盛り込み、来春から取り組みを始める方針。

 戦略はアレルギー疾患について、「多くは慢性の経過をたどる」などと説明。アナフィラキシー(急性アレルギー反応)や薬剤アレルギーなどで重篤化や死に至ることもあるとし、今後10年間の目標として「防ぎ得た死の根絶」を掲げた。

 さらに目標達成に向け、アレルギー疾患の基礎研究などを促進し、患者数減少と生活の質の改善を目指すなどと明示。各疾患の特徴に基づく予防法や治療法を広く社会に普及させていくことなども盛り込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です