「刀剣女子」もワクワク、京のかたな展29日に開幕 山城系鍛冶17件、祇園祭長刀初公開 京都国立博物館(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」で紹介される刀剣=京都市東山区

京都国立博物館(京都市東山区)120年の歴史で初めてとなる大規模な刀剣の特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」が29日から開催される。

 刀剣をイケメン男子に擬人化させたキャラクターを敵と戦わせるオンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」をきっかけに、近年は刀剣そのものが若い女性たちに人気を集め、本物の刀剣に熱中する「刀剣女子」と呼ばれる女性たちも現れるなど、刀剣ブームは過熱する一方だ。

 今回は、平安期から現代まで多くの刀工が工房を構えた京都の山城系鍛冶の仕事を中心とした17件を含む計21件の国宝のほか、著名刀工の代表作などを展示。また、祇園祭の長刀(なぎなた)鉾の長刀など初公開の品もあり、すぐれた技術の系譜と刀剣が文化に与えた影響をたどる。佐々木丞平(じょうへい)館長は「刀剣は日本人の繊細な感性や美意識が凝縮された世界。引き継がれてきた感性を引き出して鑑賞してほしい」と話す。

 別館の明治古都館で「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボ企画として「刀剣男子」の等身大パネルや描き下ろしイラストなども展示する。

 11月25日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です