宇野V3、自分を信じた フィギュア・全日本選手権 24日(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 男子フリーで演技する宇野昌磨=内田光撮影

来年3月の世界選手権(さいたま市)の代表最終選考会を兼ねて大阪・東和薬品ラクタブドームであった最終日の男子フリーで、平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が3連覇を果たし、代表入りを決めた。ショートプログラム(SP)に続いてフリーでも1位となった。5年ぶりに出場したSP2位の高橋大輔(関大ク)はフリー4位で総合2位に入り、6年ぶりの表彰台となった。平昌五輪代表でSP4位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は総合3位、昨季世界選手権5位でSP7位の友野一希(同大)は総合4位。SP3位の17歳、島田高志郎(木下グループ)は総合5位だった。……
本文:2,034文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

稀勢の里、すり足入念に 大相撲(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
横綱稀勢の里は29日、進退を懸けた初場所(来年1月13日初日)に向け、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で基本を繰り返す稽古に取り組んだ。下半身の状態を問われて「まだまだ。できることを、しっかりやっていかないと」。すり足はとりわけ入念に行った。
 弟弟子の大関高安と申し合いを2日間続けるなど、26日から3日続けて相撲を取っていたが、この日は三段目力士に胸を貸しただけ。「(体の張りは)いい状態。年末年始も何かしら体を動かしたい」と話した。
本文:217文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

「2018年は地獄だった」 山根明氏が明かした“黒い疑惑と辞任決意”の真相(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 山根明氏

日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(79)が、不正疑惑などで会長を辞任した激動の一年を振り返って「2018年は地獄だった」と言及。また、辞任を決意した真意についても明かした。

 12月31日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー ゆく炎上くる炎上 大晦日完全決着4時間スペシャル!』に生出演した山根氏は、「12の告訴状のうち1つだけ間違いがありました」と切り出した。「助成金の配分に対して、一人の選手に渡るより、三人で分けた事。これは僕自身がお金を取ったわけではありませんが、他の二人の選手も素晴らしい選手でした。一人だけ選ぶことができず『君がもらったものを、先輩方にもどうだね』と話したら、『喜んでそのようにさせていただきます』ということだった。ただ、ルールはルール。僕自身、知識不足で三等分してしまったわけですが……」と告訴状の内容について一部、非を認めた山根氏は「それ以外に何ら間違いはありません」と主張した。

 さらに辞任ゲストが語る「トドメの一撃」というテーマで話を続けた山根氏は、反社会勢力との関係について「1960年~1970年、反社会的問題が」と話すと「ある人物が、私の家内の店のチーママを『午前1時半に事務所に来い』と呼び出し、『2、3日以内に山根が引退しなければ、過去をメディアにバラす』と。その報告を午前2時半に受け、僕もキレました。反社会的な人物が介入し、脅してきた。そして僕自身、責任を取るつもりでそのことを暴露している。命がけですから、僕の体に傷がついたらということで、3人ほどの名前を挙げています」と辞任劇にまつわるエピソードを披露した。

 そのうえで、在職中における反社会勢力との関係については「教育の一環としてアマチュアスポーツをやっている時点で、闇取引などできない」ときっぱり否定したが、「高校生など学生たちに心配をかけてしまい申し訳なかった」と反省した山根氏に対し、MCを務めるお笑いタレントの千原ジュニアが「で、責任を取ったと?」と短く投げ掛けると、「そうです」と力強く何度も頷いていた。

【紅白速報】(21)大トリのサザン ユーミンらと熱唱、感動のフィナーレ(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
今年40周年を迎えたサザンオールスターズが、大トリで登場した。

 「平成という時代への感謝の思い、次の時代が希望に満ちあふれることを願って」という総合司会の内村光良さんの言葉に送り出され、まずは平成2年の曲「希望の轍(わだち)」を披露。

 続いて、桑田さんが「みなさんにとって来年が素晴らしい年でありますように」と話した後に、昭和53年のデビュー曲「勝手にシンドバッド」。舞台の向かって右の、サザンに近い位置にいた北島三郎さんに「サブちゃ~ん!」と呼びかけるなど、サービス精神たっぷり。北島さんに「今何時?」と歌わせたり、松任谷由実さんのキスを受けるなど、サザンのライブを見るような圧巻のステージを披露し、大いに会場をわかせ、平成最後の紅白を締めくくった。

大注目!今年は27年ぶりに「日食」が2回も見れる!(All About)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 2019年は1月と12月に、日本全国で部分日食が見られます。離島を除いて、本土で年に2回も日食が見られるのは、1992年以来、なんと27年ぶり! そういう意味で、大変珍しい年といえます。

2018年は、皆既月食が2回(1月と7月)、15年ぶりの火星大接近など、天体イベントの当たり年でした。2019年は、当たり年とまではいえないものの、日本全国で部分日食が2回も見られる珍しい年です。それでは早速、日本の広範囲で観察できる天文現象を中心に、注目度の高いものをご紹介しましょう。私のおすすめ度を星の数で表したので、そちらも参考にしてみてください。

平成に逝ったスターたち-非がん編 一番心に残っている人は…(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 大原麗子さん

【ドクター和のニッポン臨終図巻】

 来年元号が変わるにあたり、年末年始の2回、平成の訃報を私の独断で振り返ります。今回は非がんで逝った人、次回はがんで逝った人を、紙面の都合上、各年1人ずつで申し訳ありませんが…一緒に思い出していきましょう。

                   ◇

 ■平成元年 若手俳優として注目されていた高橋良明さんがバイク事故で死去、16歳。

 ■2年 松竹新喜劇の看板俳優、藤山寛美さんは肝硬変、60歳。

 ■3年 詩人の相田みつをさんは脳内出血、67歳。

 ■4年 歌手の尾崎豊さんはメタンフェミン中毒による肺水腫、26歳。

 ■5年 田中角栄元首相は脳梗塞、75歳。

 ■6年 歌舞伎役者の十三代目片岡仁左衛門さんは老衰、90歳。

 ■7年 日本船舶振興会会長で衆院議員だった笹川良一さんは急性心不全、96歳。

 ■8年 芸術家の岡本太郎さんはパーキンソン病による急性呼吸不全、84歳。

 ■9年 映画監督の伊丹十三さんはビルから転落死、64歳。

 ■10年 映画監督の黒澤明さんは脳卒中、88歳。

 ■11年 歌手の淡谷のり子さんは老衰、92歳。

 ■12年 現役の首相だった小渕恵三さんは脳梗塞、62歳。

 ■13年 (本連載はこの人が書かれた『人間臨終図巻』のオマージュでもあります)小説家の山田風太郎さんはパーキンソン病からの肺炎、79歳。

 ■14年 歌手の村田英雄さんは糖尿病の合併症による肺炎、73歳。

 ■15年 俳優の古尾谷雅人さんは自宅で自殺、45歳。

 ■16年 国語学者の金田一春彦さんはクモ膜下出血、91歳。

 ■17年 コメディアンのポール牧さんが自宅マンションで自殺、63歳。

 ■18年 日本スキー界の草分けである三浦敬三さんは多臓器不全、101歳。

 ■19年 コメディアンの植木等さんは肺気腫による呼吸不全、80歳。

 ■20年 タレントの飯島愛さんは肺炎。自宅で孤独死、36歳。

 ■21年 女優の大原麗子さんも孤独死。ギランバレー症候群を患っていました、62歳。

 ■22年 俳優の藤田まことさんは大動脈瘤(りゅう)破裂、76歳。

 ■23年 俳優の長門裕之さんは肺炎と動脈硬化などの合併症、77歳。

 ■24年 映画監督の新藤兼人さんは老衰、100歳。

 ■25年 俳優の三國連太郎さんは急性心不全、90歳。

 ■26年 政治家の土井たか子さんは肺炎。85歳。

 ■27年 漫画家の水木しげるさんは多臓器不全、93歳。

 ■28年 タレントの永六輔さんは肺炎、83歳。

 ■29年 医師の日野原重明さんは呼吸不全、105歳。

 ■30年…あなたが一番心に残っているのは、どなたの最期でしたか?

                    ◇

 ■長尾和宏(ながお・かずひろ) 医学博士。東京医大卒業後、大阪大第二内科入局。1995年、兵庫県尼崎市で長尾クリニックを開業。外来診療から在宅医療まで「人を診る」総合診療を目指す。近著「薬のやめどき」「痛くない死に方」はいずれもベストセラー。関西国際大学客員教授。

【2018年12月28日発行紙面から】

“1兆円企業”NHKが「お笑い王国」を樹立! テレビ新時代ズバリぶった斬り(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: タモリ

【2019大展望!テレビ新時代ズバリぶった斬り】

 大物芸人たちのNHKへの大移動が鳴り止まない。平成が終わる2019年のNHKは、お笑い王国を樹立しそうな勢いだ。大物芸人だけではなく、大物歌手や俳優も巻き込み、NHKは芸能王国に邁進している。

 NHKの看板番組ともいえる『鶴瓶の家族に乾杯』のMC、笑福亭鶴瓶。大河ドラマ『西郷どん』では岩倉具視役を演じ、07年に紅白の司会も務めた鶴瓶はNHKの生え抜きのような存在となっている。

 タモリは08年から出演する『ブラタモリ』が大好評。タモリにとって新たなイメージを生み出し、起死回生の番組。NHKはベテラン芸人の再スタートの場になった。

 タモリに続き11~12年にNHKBSプレミアムで『たけしアート☆ビート』という芸術トーク番組がスタートした。ビートたけしは『NHK新人漫才コンクール』で落とされて以降、NHKをボロクソにギャグにしていただけに、NHK出演はありえないと思われていた。今年はコント番組にも挑戦している。

 たけしとの氷解を機に大物たちは堰を切ったようにNHKに出演。たけしの後継者ともいえる爆笑問題も同じ。12年からの冠番組『探検バクモン』への制作姿勢には本気度を垣間見る。入れない場所に赴き、テレビには出ない旬の人や、一流アーティストに話を聞く。UFOなど未解決の案件に挑み「難問解決」のため「探検」する。

 内村光良も12年から『LIFE!~人生に捧げるコント~』を展開。宇宙人総理などの異色キャラが登場してコントの面白さを再認識させた。明石家さんままで『明石家紅白』を始めた。

 民放で稼いで、NHKで作品を残す! これまで紹介した番組には民放にはないNHK独自の視点がある。大物タレントからみれば、民放でできないやり残したテーマを丁寧にお金を掛けて後世に残る番組を作ってくれるのがNHK。

 ウッチャンはすっかり復活、今年の紅白歌合戦の総合司会を務めるほどだ。

 こうなればギャラの問題ではない。積もり積もった有り余る力を発揮させてくれるNHKは、大物にとって実にありがたい存在だ。NHKにもメリットがある。NHKの17年度の経常事業収入(売上高)は7851億円。子会社、関連会社の売上額を含めるとその売上は優に1兆円を超える。

 NHKは40代以上を含めた団塊世代が見る番組がなくなった民放のコンテンツに代わり、大物を使いハートをしっかり掴む。大物たちは大きな受信料対策の役割を果たしている。19年にはますます大物のNHK進出が続くことだろう。(芸能文化評論家・肥留間正明)

【2018年12月27日発行紙面から】

「海の幸で豊かになった国の主導権を渡さない」鯨肉消費量減少でなぜ? 日本がIWCを離脱した本当の理由(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 再開される商業捕鯨の操業海域

日本政府がクジラの資源管理について話し合うIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を決定したことに対し、海外から「失望した」などの声が上がっている。

 26日、菅官房長官がIWCの離脱を正式に発表。夜には取りまとめを担っているアメリカ政府にも通告したという。IWCの離脱によって、日本は2019年7月から日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に限り商業捕鯨を再開する。なお、調査捕鯨の対象だった南極海や南半球では行わない方針だ。

 戦後日本では盛んに商業捕鯨が行われ、クジラの肉は貴重なタンパク源として重宝されてきた。しかし、1982年、IWCは商業捕鯨の一時停止を採択。以降、日本は30年以上にわたって対話を続けてきたが、主張する「継続的な商業捕鯨」は認められていなかった。

貫禄のストレート勝ち 里見香奈女流四冠、谷口由紀女流二段下し決勝進出/女流AbemaTVトーナメント(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 決勝進出を決めた里見香奈女流四冠

女流棋士による超早指し棋戦「女流AbemaTVトーナメント」準決勝の1カード目、里見香奈女流四冠(26)と谷口由紀女流二段(25)の対戦(三番勝負)が1月1日に放送され、里見女流四冠が2-0のストレートで決勝進出を決めた。優勝候補の筆頭に挙げられていた“最強女流”は、1回戦から無傷の4連勝で、初代の女流「最速最強」に王手をかけた。

初代女流“最速最強”伊藤沙恵女流二段!里見香奈女流四冠をフルセットで下す/女流AbemaTVトーナメント(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 優勝した伊藤沙恵女流二段

女流棋界の「最速最強」決定戦、女流AbemaTVトーナメントの決勝、里見香奈女流四冠(26)と伊藤沙恵女流二段(25)の対戦(三番勝負)が1月3日に放送され、伊藤女流二段がフルセットの末、2-1で勝利し、優勝を果たした。伊藤女流二段は、男性棋士によるAbemaTVトーナメント(持ち時間5分・1手指すごとに5秒加算)への出場権を獲得した。

 大きな壁を乗り越えた。フルセットの末に果たした“里見超え”。普段は落ち着いた様子で語る伊藤女流二段だが、直後には「もうずっとドキドキして、本当に(対局が)終わるまで。ちょっと今もまだドキドキしてるんです」を、頬を染めた。誰もが認める最強女流と、お互いの持ち味を出しつくした三番勝負を制しての優勝は、公式のタイトル戦にも匹敵する胸の高鳴りを呼び起こした。

 第1局は、作戦が見事にはまった。伊藤女流二段が採用したのは、古風な戦型。里見女流四冠を抑え込みにかかり、手も足も出させなかった。解説を務めた橋本崇載八段も「意外な差がつきました。何も悪いところがない会心譜だったかと思います」と語るほどの完勝だった。1回戦から無傷の4連勝で勝ち上がってきた最強女流に初黒星をつけたことで、精神的にはまず一歩リードした。それでもあっさり越えられるほど、その壁は低くなかった。第2局は一転して里見女流四冠のペース。今度は逆に完敗した。