「平成30年度顕彰馬セレモニー」開催(サンケイスポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 2017年のスプリンターズSを勝ったロードカナロア

国内外でGI6勝を挙げて今年、顕彰馬に選出されたロードカナロア(牡10、父キングカメハメハ)の関係者を表彰する「平成30年度顕彰馬セレモニー」が29日、中山競馬場で行われた。管理した安田隆調教師は「香港スプリントを2連覇したのはさすがでした。これからはいい子供をどんどん出して、種牡馬としても偉大な馬になってもらいたい」と喜びの表情を浮かべていた。

【ロードカナロアメモリアル】プロディガル、3年ぶり白星 モレイラ「最後まで一生懸命走らせた」(サンケイスポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: ロードカナロアメモリアルを勝利したプロディガルサン

ロードカナロアメモリアル(29日、中山11R、3歳上1600万下(混)(特指)、定量、芝・外1600メートル、1着本賞金1820万円 =出走11頭)1番人気プロディガルサン(美・国枝、牡5、父ディープインパクト)が好位から伸び、2015年芙蓉S以来となる3勝目(18戦)をマークした。タイム1分33秒8(稍重)。9番人気キャプテンペリーがクビ差の2着だった。

 ◆モレイラ騎手(プロディガルサン1着) 「集中力を欠く面があると聞いていたので、最後まで一生懸命走らせた」

 ◆津村騎手(キャプテンペリー2着) 「渋った馬場も気にしなかった。最後まで頑張っている」

 ◆柴田大騎手(ウインフェニックス3着) 「前回よりも距離を短くしたし、こんな馬場も合う。頑張っています」

樹木希林さん葬儀 娘婿・本木雅弘が告白「裕也さんに会いたいと毎晩言っていた」 8月入院時の希林さんの様子明かす(スポーツ報知)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 樹木希林さんの祭壇の前で取材に応じた本木雅弘

15日に死去した女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)の本葬儀が30日、東京・南麻布の光林寺で行われる。本葬儀前に樹木さんの長女の内田也哉子(42)の夫で俳優の本木雅弘(52)が取材に応じ、今年8月左大腿(だいたい)骨を骨折した際、入院中に「『裕也さんに会いたい』と毎晩言っていた」と明かした。

 娘婿は何度も涙をこらえて樹木さんとの思い出を丁寧に語った。樹木さんは春頃に余命宣告をされ「今年1年持つか、2、3か月かもしれない」と言われたという。当時の様子について「すがすがしく語っていた。『発見したので準備するわ』と言っていた」と終活に取り組んだという。8月に入院し、毎晩看護師に向かって「裕也さんに会いたい」と夫への思いを口にしていたという。

 内田さんは亡くなった次の日に樹木さんと無言の対面をし、「『昔から美人だと思っていたんだよ』って言っていた」と本木。さらに密葬後、樹木さんの喉の骨を内田さんは持って帰った。

 樹木さんは15日午前2時45分に都内の自宅で家族に見守られて死去した。この日午後10時から営まれる本葬儀は夫でミュージシャンの内田裕也(78)が喪主を務め、也哉子が喪主代理あいさつを読み上げる。波のシンプルな形をした祭壇は菊、コチョウラン、かすみ草など約1200本の花が飾られている。戒名は「希鏡啓心大姉位」。娘夫婦が考えたもので「希」は芸名とまれなという意味が込められ、「鏡」は生前樹木さんが「役者は人の心をうつす鏡」と言っていたことからだという。

 また、弔辞は文学座付属演劇研究所の61年入所1期生同期の俳優橋爪功(77)が弔辞を読む。

西武・稼頭央が声援に感謝!引退会見後、初打席(サンケイスポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
(パ・リーグ、西武1-3ソフトバンク、24回戦、西武13勝11敗、29日、メットライフ)優勝へのマジックナンバーを「1」としている西武は29日、本拠地最終戦となるソフトバンク24回戦(メットライフ)に1-3で惜敗し、優勝決定が持ち越しとなった。

 今季限りでの現役引退を表明している松井が、七回無死一塁で代打で登場。大歓声の中、打席に立ったが、空振り三振。九回の打席も一ゴロに倒れた。27日に引退会見を開いた後は代走による出場のみで、5日の日本ハム戦以来の打席。「あれだけの声援をいただいたので、(七回は)何とかつなぎたかった。また明日(30日)頑張る」と気合を入れ直していた。

松山千春、北海道被災地で熱唱「俺たちならやれる」(スポーツ報知)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 松山千春

北海道の地震で被災した厚真町の避難所で29日、道内出身で歌手の松山千春(62)がミニコンサートを開いた。松山は「避難所生活は厳しいと思うが、俺たちならやれる。この土地で頑張っていこう」とエールを送った。

 松山は代表曲「大空と大地の中で」など2曲を熱唱。涙を流しながら聞き入る人もいた。母と避難所生活を送っているという、同町豊沢の三浦京子さん(64)は「感動して手と足が震えた。明日から片付けに奮闘したい」と笑顔を見せた。

下ネタ率が高め「5時に夢中!」おもしろさ伝わる(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: ふかわりょう(2014年12月18日撮影)

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

前回このコラムでMXテレビ「5時に夢中!」に有働由美子アナ(49)が民放生放送に初出演し、下ネタの洗礼にあっていたことを書きました。同番組のメインMCはふかわりょう(44)ですが、前回のコラムの結びでは「ふかわが戻ってからの番組の勢いと比較したい」と書きました。

【写真】有働由美子への下ネタ洗礼に一昔前のテレビの勢い

ふかわが夏休みだった週は、「サマーウーマンMCフェスタ2018」と称し、月曜日に有働アナ、火曜日に元フジテレビ大島由香里アナ(34)、水曜日に元テレビ東京大橋未央アナ(40)、木曜日に元フジテレビ高橋真麻アナ(36)が出演しました。

ふかわが復帰した週と見比べてみると、これはあくまでも私の肌感覚ですが、いずれの日も取り扱うニュースの下ネタ率が高めだったように感じました。

そして今週、アシスタント上田まりえアナ(31)の代打アシスタントとして元TBS新井麻希アナ(36)や元秋田朝日放送塩地美澄アナ(36)を起用すると、これも私の肌感覚ですが、下ネタ率が増えているように感じました。ふかわが復帰した週は、たまたまスタッフの興味を引くような下ネタニュースがなかったのかもしれませんね(笑い)

地上波テレビがつまらなくなったと言われ始めてから、すでに年単位の月日が流れています。

なぜ、そんなことになってしまったのか。コンプライアンスやら、自主規制やら、スポンサー問題やらで、作り手側が1つのテーマを深く掘り下げるような番組作りができなくなってきているように感じています。最大公約数的に当たり障りのない番組が多くなり、その結果「テレビがつまらない」と言われているように感じます。

地上波というメディアが成熟した結果だと思いますが、成熟したからこそ、作り手が心から楽しめる番組を作ってほしいと思います。スタッフが心から楽しんで作った番組なのか、妥協して作った番組なのか、視聴者も作り手の温度を感じています。

「5時に夢中!」には、まさに作り手が心から楽しんでいるのを感じます。それがたまたま下ネタだったのかもしれません。少なくとも私には、「小学生時代、好きな女の子の気を引くために、下ネタを話して嫌われたな」なんて、40年も昔のことを思い出させる番組でした。

『DTC』山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹が新井美羽を巡って張り合う 「キュンとしちゃった」(リアルサウンド)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』舞台挨拶

9月29日、東京・丸の内ピカデリーで映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開記念舞台挨拶が行われた。登壇したのは、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、天野浩成、笛木優子、新井美羽、廣瀬智紀、西川俊介、西村一輝、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、立木文彦、平沼紀久監督の総勢16名だ。

『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』舞台挨拶写真

 9月28日より3週間限定で公開されている本作は、『HiGH&LOW』シリーズのスピンオフ作品。ド派手なアクションを封印し、山王連合会のダン(山下)、テッツ(寛太)、チハル(大樹)の3人組(通称:DTC)が、バイク旅で出会った人々との温かな交流を描く“純情”ムービーとなっている。

 冒頭の挨拶時、過去作品ではナレーションとして参加し、今作でスナックのオーナー役に扮する立木が「Party Timeの始まりだ!」と声を上げると、壇上からも客席からも大歓声があがる。続いて公開を迎えた気持ちについて聞かれた山下は「それは寛太がバチーンと決めてくれますから」といきなりの無茶ぶり。寛太が「最高です! ありがとうございますっ!」と手を上げると、大樹は「寛太らしくていいですね」と納得の表情を見せた。

 以前からDTCをメインとした映画がやりたいと公言していたという山下は、「言霊となってこういう形になったので、僕ら3人としても、ノリさん(平沼監督)としても、心からうれしく思っています」と感謝。それでも「やっぱり一番かわいかったのは美羽ちゃん。たまらんですわ」と話すと、寛太は「デレデレじゃないですか」と大笑い。それでも「久々に会ったら、すげぇかわいいなと思って」と山下は終始、目尻を下げっぱなしだった。

 また縦笛兄弟を演じた八木が、劇中で「IIKOTO」を披露したシーンについて「天野さんが何回も間違えるから……」と不満を口にすると、天野は「ノリくんが、初めから最後まで通して撮るんですね。もうちょっとカットを割ってくれてもよかったのに」と矛先は監督へ。すると「アマやんは、そうやって撮ると顔が安心しちゃうから、緊張感を持たせるために」と、監督が見事に切り返し、会場は大爆笑だった。

 続いて役作りについて聞かれたSMGの廣瀬は、SMG4人の絡みを描いた本作のスピンオフのような脚本を監督が作ってくれたので、やりやすかったと明かす。さらに、「サプライズのシーンで、僕は舞台監督みたいな立ち位置で、LASSIE(西川)は案内人、HEIDI(西村)は音響。そういうまとまったチーム感……SMG、イエ~イ!」と、西川と西村に対して突然のハイタッチを強要。西川と西村は困惑した表情のまま手を合わせ、周囲からは「どんな流れ?」「全然まとまってなかった」と次々突っ込みの声が上がった。また大樹は(SMGが加入するWhite Rascalsのリーダーである)ROCKY(黒木啓司)から「SMGがお世話になるから、よろしく」と声をかけられたことを明かし、監督も黒木に「Party Timeって言わせていい?」と聞いたら「もちろん」と言ってくれたと振り返った。

 達磨ベイビースの水野は、登場シーンへのこだわりについて熱弁。さらにディテールについての秘話を明かす中、「ムエタイファイターが……」と口にすると、間髪入れずに「誰がムエタイファイターや」と井澤。それでも水野は「あれがあったおかけで和気あいあいと、達磨っていいなと思えました」としみじみ語っていた。

 一方、印象的だったシーンについて聞かれた笛木は「『IIKOTO』と言いたいけれど……」と前置きしつつ、サプライズのダンスシーンだと明かし、新井も「踊りがすごくかっこよかった」とにっこり。DTCの3人は声を合わせて「ありがとう~」と、声をそろえてデレデレ。大樹は「もっと言って」、山下は「これでご飯食べてるからね」と笑顔でアピール。さらに、「勉強教えたもんね」と大樹が言えば、「一緒に遊んだもんね」と寛太が応戦。だが最後に、「誰が一番好きなんだっけ?」と聞かれた新井は、「……ダン」と小さな声で告白し、キャストたちを骨抜きに。しかしその後、寛太は「ナチュラル上目づかいってこういうことを言うんですね。すごいキュンとしちゃった」とまさかの感想。大樹からは「ねぇ、何言ってんの?」と冷静な突っ込みが入り、大きな笑いが起こった。

 ここで新井から山下に、手紙のサプライズ。「撮影の時はお話ししてくれたり、遊んでくれてありがとうございました。どんな時もやさしくて、ダンスもかっこよかったです。今度、私にもダンスを教えてください。山下さんは私の憧れです。健二郎、また遊んでねー。大好きっ!」と感謝の言葉を読み上げると、「イヤ~ン。なんかごめんね」と共演者に断りを入れつつ、「ありがと~う。大事にします。危なかった~、泣きそうだった」だと感激。さらに、「2人(寛太・大樹)が子ども扱いするからダメ。僕はずっと対等の立場で話していたから」と、コミュニケーションの秘訣を語った。

 終盤、平沼監督は本作について「感謝の気持ちでいっぱいだけど、『絶対当てろよ』というプレッシャーのほうが強かった。だから、プレッシャー80、感謝20、平沼0で(笑)」とコメント。さらに「SWORD地区を出るということは、何らかの成長を書かなくてはいけないし、このキャストで今まで表現できなかったことをやりたかった。そして、これから先の『HiGH&LOW』にどう架け橋を渡していけばいいかなと。でも一番の強い気持ちは、シリーズ化して松竹さんの正月の定番にしたい!」と今後の目標を掲げた。

 最後に山下は「3週間限定公開ですが、もう2週間と6日しかありません。自信を持ってお届けできる作品になっていますし、魂がこもっています。大樹は11回観たらしいけど、何度観てもおもしろい、毎回新たな発見がある作品になっていますので、みなさん劇場に足を運んでください」と、締めくくった。

 舞台挨拶中、大樹に対して「寝てるの?」(寛太)、「起きてるわ!」(大樹)、「今日の衣装、ミキの昴生くん?」(山下)、「いや、わかりづらいわ!」(大樹)などと、劇中同様に息ピッタリの掛け合いを見せる場面もしばしば。DTCの3人をはじめ、キャストたちの仲の良さが伝わる、和やかな舞台挨拶となった。

中村静香が恥ずかしセーラー服「頑張って着ている」(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: DVDのPRイベント行った中村静香

女優中村静香(30)が29日、都内で、DVD「ボクの初恋」の発売記念イベントを行った。

【写真】中村静香にクラクラ…センターパックリ過激水着も

女子高生と教師の2役を演じ、セーラー服姿も披露している。今月9日に30歳になったばかりの中村は「先生と生徒と2人の中村を楽しめます」と紹介すると「セーラー服を着て恥ずかしかったです。でも着させていただける間は着たい」と語った。自身のセーラー服姿には「頑張って着ているなという感じです」と取材陣を笑わせた。生徒役と教師役でしっくりくるのは、まだ生徒役の方だそうで「頑張って大人の色気を身につけます」と笑った。

【データで勝負】土曜中山12R(サンケイスポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
【データからの注目馬・中山12R】

◎(2)サノノショウグン

☆2018年の今開催、同条件5戦を参考にすると、前走1200メートル以下で上がり最速をマークしていた馬が【1・2・1・1】と活躍

 該当する同馬から。

MISIA、約3年ぶりの新アルバム『Life is going on and on』発売(リアルサウンド)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: MISIA

MISIAが、12月26日に新アルバム『Life is going on and on』を発売する。

 MISIAは今年デビュー20周年を迎え、現在は全国ツアー『MISIA星空のライヴX Life is going on and on』を開催している。約3年ぶりとなるアルバムには、ツアーのサブタイトルと同じく“人生はまだ続いていく”というメッセージを込めたとのこと。なお、同作に関する詳細は後日発表となる。