南北首脳会談 中国外務省は非核化の推進を期待(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
【北京=藤本欣也】中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は18日の記者会見で、南北首脳会談について歓迎し支持する意向を表明した上で、「会談が順調に行われ、前向きな成果が得られることを期待する。朝鮮半島の非核化と半島問題を政治的に解決するプロセスの推進に役立つと信じている」と述べた。

南北首脳会談 金正恩氏、サプライズ・パレードで歓待…文在寅氏、非核化迫れるか(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
【ソウル=桜井紀雄】18日、平壌国際空港での歓迎式典を終えた韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はそれぞれ別々の車両に乗り込んだ。ところが、文氏の宿泊先の百花園迎賓館に到着した際は、同じ車から降り立ち、金氏が文氏をエスコートして迎賓館に入った。

 道中、同じオープンカーに乗り換え、平壌市内をパレードする“サプライズ演出”が行われたのだ。花を手にし、沿道を埋め尽くした市民らが「祖国統一!」と大歓声を上げ、両首脳はそろって手を振り応えた。

 文氏は「平壌市民が熱烈に歓迎してくれる姿を韓国国民が見れば、感激するだろう」と金氏に伝えた。

 北朝鮮側は首脳会談が行われた党本部庁舎に韓国側取材陣も迎えて入れた。党の心臓部である庁舎の取材を許可するのは破格の対応だ。「わが民族同士」の結束を世界にアピールし、文政権を取り込もうという並々ならぬ意欲が浮かぶ。

 北朝鮮メディアは18日、文氏の訪朝を報じ、「新たな歴史を開く北南関係の発展を一層加速させる重大な契機になる」と強調した。

 韓国は南北関係の進展や軍事的緊張の緩和を会談の重要議題と見るが、国際社会は、金氏から非核化の具体的行動に向けた言質を引き出し、膠着(こうちゃく)化した米朝交渉の打開を導けるかの一点を注視している。

 文氏も17日、大統領府の会議で「米国の非核化措置要求と北朝鮮側の敵対関係清算と安全保障のための相応の措置に関する要求の間で、どう接点を見いだすか金委員長と虚心坦懐(たんかい)に話したい」と語った。ただ、北朝鮮の立場を擁護するかのような発言も目につく。

 文氏は、北朝鮮が核実験場を廃棄し、ミサイルエンジン実験場の廃棄を約束したことを念頭に「将来の核を諦める措置を取ったといえる」と言及。米韓合同軍事演習の中断について「北が取った措置は不可逆的だが、演習はいつでも再開できる」という北朝鮮側の主張を紹介し、米側が「相応の措置」を取る必要性を力説した。相応の措置とは北朝鮮が繰り返し要求する朝鮮戦争の終戦宣言だ。

 南北は4月の会談で年内の終戦宣言を目指すことで既に合意しており、文氏の終戦宣言への肩入れは顕著だ。文氏は「北が踏み出すべきは、保有する核物質と核施設、核計画を放棄することだ」とも明言し、金氏に終戦宣言の見返りに核リストの提出を求める方針とみられている。ただ、金氏ペースで会談が進む中、どこまで金氏の譲歩を引き出せるかは見通せない。

 AP通信は会談に先立ちこう指摘した。「文氏はあいまいな非核化宣言を具体化し、米朝交渉を軌道に乗せるという最も過酷な挑戦に直面している」

「言葉が出ず悔しい」「誰とでも話せるようになりたい」場面緘黙に悩む若者たちの告白(AbemaTIMES)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 石原えりなさん(仮名)

「場面緘黙(かんもく)」という言葉をご存知だろうか。学校や会社など、特定の状況では話すことができなくなる不安障害の一つで、およそ500人に1人の割合でいるとされている。17日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、“話さない“のではなく“話せない“という人たちが抱える、知られざる苦悩を取材した。

ソーシア監督が明言「大谷は投手としてこそ価値がある」(夕刊フジ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 大谷の力強い投球がみられるのはいつの日か(リョウ薮下撮影)

右肘靱帯(じんたい)損傷で投手として出場できなくなったため、打者として活躍しているエンゼルスの大谷翔平(24)。打率・290、20本塁打で打力の評価は高まるばかりだが、マイク・ソーシア監督は、「彼は打者よりも投手としての方が価値がある」と明言している。

 米経済誌「フォーブス」によると、もともとソーシア監督は大谷の投手としての能力を高く評価していたという。「いずれ彼がマウンドに戻って来ることを100%確信している。年間22から24試合に先発して、試合をコントロールできる投手という役割は、毎日試合に出て4回打席に立つよりダイナミックなことだ」とソーシア監督。

 米メディアの間には「打者に専念してはどうか」との論調もあるが、二刀流断念の選択肢は大谷の中にはない。投手として復活するには、最終的に、靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)しか選択肢はなさそうだが、同誌のベテラン記者バリー・ブルーム氏は、大谷の手術の決断について次のように伝えている。

 「球団は一刻も早く手術を受けてもらって、来季の早い時期の復帰を望んでいるが、大谷は手術について、日本ハム時代のチームドクターの東京・同愛記念病院の土屋正光医師の診察を受け、セカンド・オピニオンを聞きたい意向を球団側に伝えている」

 手術の決断はシーズン後に帰国して、診察を受けてからになりそうだ。

 打者のみの出場となっているが、大谷を新人王に推す声は日増しに強くなっている。ブルーム記者は「大谷こそ今年の新人王にふさわしい。ベーブ・ルース以来の二刀流は歴史的であり、故障者リストからの復帰後、打者として活躍は目覚ましい」としている。MLBネットワークのベテラン記者のジョン・ヘイマン氏も「私なら大谷を新人王に選ぶ」と発言している。

大坂なおみ、“難敵”は日本食の誘惑!? 東レPPOに日本凱旋出場(夕刊フジ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 7キロ減でスリムになったことが全米オープンの勝因のひとつ

“誘惑”に打ち勝つことができるかどうか。全米オープンで四大大会シングルスの日本勢初制覇を果たし、東レ・パンパシフィック・オープン(アリーナ立川立飛)に凱旋出場する女子の大坂なおみ(20)=日清食品。19日か20日(日時は18日に決定)の2回戦から登場し、ドミニカ・チブルコバ(29)=スロバキア=と対戦することが決まっている。

 全米優勝時に「カツカレー」や「カツ丼」が食べたいと発言し人気に拍車がかかったが、本人が「まだ食べていない」というように、大会終了までご法度。大坂は英語で「ダイエットがあるから」とコメントしていたが、「一般の人がやるような“ダイエット”ではなく、“体重管理”と訳す方が適切」(テニス関係者)といわれる。

 大坂は全米オープン優勝の要因を「オフに体重を7キロ絞ったこと」と力説。1日4時間超のトレーニングにボクシングのスパーリングを加え、20歳のプロテニスプレーヤーとしてもかなり過酷なメニューに耐えた。

 母・環さん考案のメニューに従い、炭水化物を極力抜き、「基本はボイルした鶏肉や野菜しか食べない」という。

 今大会には世界ランキング2位のウォズニアッキ(デンマーク)、同7位の大坂ら、世界トップ10の選手が4人参戦。全米Vのキレ味を生かし、大会を制する上で難敵となるのは、“日本食への誘惑”といえそうだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

あぁ最下位… 阪神“赤っ恥”勝ちパターンでサヨナラ負け(夕刊フジ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: ふがいないサヨナラ負けに思わず視線を落とす金本監督

阪神が“赤っ恥”の最下位転落だ。

 17日の横浜DeNA戦(横浜)。阪神は1回に大山の10号ソロで先制したが、その裏にすかさず宮崎の右前適時打で追いつかれ、なおも無死一塁から3番ソトに対し、先発の岡本の初球は胸元をえぐる142キロのシュート。ソトが岡本、さらにはヤジを飛ばした阪神ベンチをにらみつけ一触即発の雰囲気に包まれたが、直後の2球目、142キロの速球をバックスクリーンに32号2ランをたたき込み留飲を下げたのはソトの方だった。

 阪神は6回に2点差を追いつき、8回に1点を勝ち越したが、その裏に藤川がソロを浴び再び同点。藤川は7回1死三塁のピンチをしのいだが、続投した8回2死無走者の場面で宮崎に内角フォークボールを左翼ポール直撃の一発とされた。百戦錬磨のベテランは「最後のアウト一つを取るのは難しい。うまく打たれた」と悔やんだ。

 そして延長10回に抑えのドリスが、ソトにこの日2発目の33号サヨナラ2ランを許して接戦を落とし、一日で最下位に逆戻りしたのだった。

 金本監督は「やりようがない。勝ちパターンを出して負けたわけだから」と厳しい表情を浮かべたが、阪神にとってDeNAは今季15勝6敗と圧倒的な相性を誇る相手だけになおさらショックが大きい。この対戦は今季まだ4試合残っているだけに、クライマックスシリーズ進出争いに影響を与える可能性もある。

西武「今年が優勝ラストチャンス」の悲壮 最後まで気の抜けない戦いに(夕刊フジ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: ついにマジックを点灯させた辻監督だが、来季は菊池も浅村もいない可能性が高い

万が一今季優勝できなかったら次のチャンスがいつになるか、わかったものではない。

 パ・リーグ首位の西武は17日、2位ソフトバンク戦(メットライフドーム)に8-1で快勝し、直接対決3連戦で3連勝。優勝マジック「11」が点灯した。3・5ゲーム差まで追い上げてきた昨季王者を、3戦とも自慢の打撃で撃破。辻監督は「まさか3つとも勝てるとは。一番いい形。選手たちが束になって本当によくやってくれた」と相好を崩した。

 西武は2008年を最後に9年間も優勝から遠ざかっている。10年にはマジック4から敵地でソフトバンクに4タテを食らい大逆転V逸を喫しただけに、今回のチャンスはなおさらモノにしたいところだが、それだけではない。

 「今オフは雄星と浅村が出ていくことになるだろうから、これが“ラストチャンス”。これを逃したら、優勝できるのは10年後どころでは済まないかもしれない」。チーム内からこんな悲痛な声が挙がっているのだ。

 今季を含め3年連続2ケタ勝利を挙げている菊池雄星投手(27)はポスティングシステムでメジャーリーグ移籍が確実視されており、目下打点王争いトップの浅村栄斗内野手(27)は国内FA権を取得し争奪戦必至。巨人もしくはソフトバンクへの移籍がささやかれている。そうでなくても西武はFAでの流出が毎年の恒例行事となっており、来季も投打の軸が抜ける可能性が高い。

 就任2年目の辻監督はマジック点灯に「監督としては初めての経験。現役のときに何度も経験したけど、マジックはマジック。油断はできないし、1試合1試合必死に戦わないと足元を救われます」と慎重な姿勢を示した。「(残り試合で直接対決がまだ)ソフトバンクと4つ、日本ハムとも6つある」だけに、最後まで気の抜けない戦いとなりそうだ。