東京国際映画祭が閉幕 最高賞に「わたしの叔父さん」(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
東京・六本木ヒルズなどで開かれていた第32回東京国際映画祭が5日、閉幕した。コンペティション部門の各賞が発表され、最高賞「東京グランプリ」は、デンマークの「わたしの叔父さん」(フラレ・ピーダセン監督)が獲得した。

 審査委員長で女優のチャン・ツィイーは「抑制的で繊細なカメラワークで、忘れ去られた人間の情感をとても素晴らしく描いていた」と評価した。

 フラレ・ピーダセン監督は「インディペンデント部門の小さな作品で、スタッフも少人数で一生懸命撮った。非常に光栄」と受賞を喜んだ。

 一般観客を対象にした投票で最も多くの支持を得た「観客賞」には、フランスの「動物だけが知っている」(ドミニク・モル監督)が選ばれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です