MISIA、約3年ぶりの新アルバム『Life is going on and on』発売(リアルサウンド)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: MISIA

MISIAが、12月26日に新アルバム『Life is going on and on』を発売する。

 MISIAは今年デビュー20周年を迎え、現在は全国ツアー『MISIA星空のライヴX Life is going on and on』を開催している。約3年ぶりとなるアルバムには、ツアーのサブタイトルと同じく“人生はまだ続いていく”というメッセージを込めたとのこと。なお、同作に関する詳細は後日発表となる。

乃木坂46衛藤美彩、“酒好きキャラ”の浸透を喜ぶ?「私の誕生日の時だけ、ケーキじゃなくて日本酒(笑)」(リアルサウンド)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: (画像提供=SHOWROOM)

乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび』。9月27日の放送では、衛藤美彩が登場した。

 まずは、毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回配信を担当した北野日奈子が衛藤に用意した宿題は「みさ先輩へ 私はみさ先輩がとーっても大好きです! その気持ちが伝わってたらうれしいです! ほんとうに大大大好きです お返事まってます」というものだった。この宿題に対して衛藤は「めっちゃ嬉しい!」と喜びを露わに。続けて「宿題っていうかラブレターだよね(笑)。ラブレターをもらいました! いいでしょ!?」と視聴者へ自慢しつつ、「大好きな後輩の1人です。私も日奈子のことが、大大大大好きでーす!」と北野へ返事を送っていた。

 次に、先日開催された乃木坂46初となる中国ライブの話題に。衛藤は秋元真夏から聞いた話として「今までアジア圏のライブではシンガポール・香港に行ったんですけど、そこでも今回のライブでも必ず『アキモト―!』って言ってくれるファンの方がいるらしいんですよ(笑)。みおな(堀未央奈)も『みおなー!』じゃなくて『ホリー!』って呼ばれているんですよ(笑)」と独特の呼び方をするアジア圏のファンがいることを告白。また衛藤自身について「私は『ミサセンパーイ!』とか『センパーイ!』とか言われます」と語り、「嬉しいよね、国を超えてさぁ……日本でしか売っていないタオルとか買ってみんな見てくれているんだよね」と、改めて中国のファンに対して感謝の気持ちを述べた。

 話は変わって衛藤は、自身の「酒好きキャラ」についても言及。「私もラジオやモデルとか色々なお仕事をやらせてもらっているんだけど、大体、アイドルの誕生日ってケーキが用意されるんですよ。でも、私は、日本酒とかをいただくことが多くって(笑)。『ハッピーバースデー♪』って言わっている時にお酒が出てくるっていうのは……ちょっと嬉しいですね!」と、自身のキャラが浸透していることを喜んだ。

 その後、各曜日の担当メンバーが競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の種目は「50%を目指そう」。これは、SHOWROOMの「投票機能」を利用して、視聴者からの答えがちょうど半分に割れそうな2択の質問を考えるという企画だ。

「私、本当にセンスないと思うんですよ、こういうの!」という衛藤。散々迷った挙句に決めた2択問題は「(1)いぬ派? (2)ねこ派?」というごくごくシンプルなものだった。「みんな、犬と猫、どっちがいいですか~?」と視聴者へ投票を促した結果、(1)いぬ派が53.2%、(2)ねこ派が46.8%という割合を記録。しかし、惜しくもトップを逃してしまった。

 番組終盤には、来週月曜日出演予定のメンバーへの宿題を決めることに。衛藤は「メンバー未定でしょ~?」と迷いつつ、「いつもとちょっと違ったレアな髪型をして!」という宿題を画用紙に記入。「これだったらね、誰が来てもみんなの迷惑にならないかな~と思って、こういう感じにしてみました! 楽しみですね!」と期待感を煽り、配信を締め括った。

体験者、そして空間自体も巻き込む“パフォーマンス“を目指す~インタラクティブアート『I am ☆ Star with Drum ☆ Star』(CGWORLD.jp)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: インタラクティブアート『 I am ☆ Star with Drum ☆ Star』 https://youtu.be/GRRCnMT7EMc

アートと聞くと、敷居が高いと感じてしまう読者もいるのではないだろうか? 学生時代に誰もが経験したであろう「ホウキギター」という普遍的な遊びに、プロのデジタルアーティストが本気で取り組んだ作品が今、多くのイベントで共感をあつめている。

高橋哲人氏とモシ村マイコ氏によるオーディオビジュアル アートユニット「TETSUJIN – AUDIO VISUAL」(以下、TETSUJIN)が制作した誰もがロックスターになれる音と光のホウキギター『I am ☆ Star』(アイ・アム・ア・スター)。本作は電子回路が組み込まれたホウキ型のコントローラを操作することで、映像照明と共に実際のギターサウンドが鳴り響くという作品。初出は福岡で行われた「遊べる!デジタルアート展 2017」で、誰もが経験のあるホウキギターというアイデアと、そのパフォーマンスが評価され、「2017 アジアデジタルアート大賞展 FUKUOKA」インタラクティブアート部門優秀賞をはじめ複数の賞を獲得してきた。

高橋氏は多摩美術大学を卒業後に映像制作会社でキャリアを積んだ後、2006年に独立。プリレンダーによる映像制作業務はコンサートの演出など音楽に関連した作品も多く、映像と音楽の結びつきを一貫して追求し続けてきたという。「もともと、プリレンダー主体のフォトリアルなCG表現よりも、音と映像を一緒に演奏するライブパフォーマンスへの関心が強いのですが、プロとしてキャリアを重ねていく中で自分が本当にやりたかったこととの乖離を感じるようになって精神的に病んでいた時期もありました。あるとき、“どうせ一度しかない人生なんだから、好きなことをやらなければ“という想いが芽生え、やがて『I am ☆ Star』にたどりつきました」(高橋氏)。追い込まれた男が開き直ることで新たな道を見出した。その過程では、8年来のパートナーであるモシ村氏のサポートも大きかったはずだ。

起業から約10年。CGプロダクション3社の経営者が、これまでと、これからの道のりを語る(後編)(CGWORLD.jp)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 起業から約10年。CGプロダクション3社の経営者が、これまでと、これからの道のりを語る(後編)

2013年11月、「新卒採用基準座談会」と題して、新興CGプロダクションの経営者であり、現役のデザイナーやディレクターでもある3氏による座談会を行なった。あれから約5年が経過し、lunaworksは今年、サムライピクチャーズは2019年、プラネッタは2021年に設立10周年を迎える。「新興」と呼べる時期を過ぎ、次のステージに進みつつある3社の経営者たちに、前編では会社の規模拡大、新卒の採用基準、女性の時短勤務などについて語ってもらった。以降の後編でも、デザイナーと経営者のちがい、事業内容の変化、スタッフの育成など、多岐にわたる話が語られた。

平均年齢67歳の挑戦 本県7人、ヒマラヤ縦走へ(宮崎日日新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: エベレストを展望するヒマラヤ街道トレッキングに挑戦する「もくようヒマラヤ隊」の隊員ら

世界最高峰の山、エベレストを見たい-。県内の63歳から71歳までの登山愛好家7人が10月、ヒマラヤ山脈の「エベレスト街道」を縦走するトレッキングに挑戦する。県民で初めてエベレスト(8848メートル)登頂に成功した綾町在住の登山家立花佳之さん(56)が同行。エベレストを間近に展望できるカラパタール(5545メートル)などへの登頂を目指す。

一部市議が特別委提案 宮崎市虚偽報告(宮崎日日新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
食品加工会社の機器設置に関し、宮崎市が虚偽の実績報告書を提出し国から交付金を受けていた問題で、同市議会の一部会派が今回の問題を調査する特別委員会設置を目指していることが27日、分かった。同日、非公開で開かれた会派代表者の会合で提案されたという。

浦之名小閉校を決定 12月市議会で提案へ(宮崎日日新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
宮崎市高岡町・浦之名小(江田雅子校長、7人)の保護者らが、同校を本年度で閉校して町中心部にある高岡小への通学を希望する要望書を市教委に提出したのを受け、市教委は26日の定例会で、浦之名小を閉校する方針を決めた。12月定例市議会に、同校を閉校とする同市立学校条例改正案が提案される見込み。

京都市の新指定文化財12年ぶり展示 明治期の指定建物紹介も(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 円山応挙筆の「巨霊人虎図」=京都市上京区

京都市で近年、指定・登録された美術工芸品、古文書などの文化財と、明治期に建てられた市指定の建物をパネルと関連資料で紹介する企画展が、市歴史資料館(上京区)で開かれている。前期が10月7日まで、後期は10月10~30日。

 京都市の新指定・登録文化財の展示は12年ぶり。今回は平成20年度から23年度までに指定・登録された文化財の中から前後期合わせて24の資料を紹介する。

 前期展示では、祇園祭の山の一つ「保昌(ほうしょう)山」の左右の胴懸のために円山応挙が描いた下絵のうち、「巨霊人虎図(きょれいじんとらず)」を展示。もうひとつの「張●(=寒の二点が鳥)鳳凰図(ちょうけんほうおうず)」は後期に公開する

 また祇園祭・綾傘鉾の棒振り囃子で演じ手が頭上につける飛出面と●(=やまいだれに悪の旧字体)見(べしみ)面(1708年作)や、長岡京市内に流れていた川の跡から出土した8世紀後半の墨書人面土器などを通期で展示する。

 一方、明治の建物のパネルと関連資料は明治150年記念として企画。正法寺(西京区)の遍照塔や京都ハリストス正教会の生神女福音(しょうしんじょふくいん)聖堂(中京区)などのパネルとともに、同寺では「忠魂堂」の額を、同教会ではキリスト教の聖人などを専門的に描いた国内初の画家、山下りんの聖像画など、20の資料を展示している。

 10月11日の午後2時からは学芸員による展示説明が行われる。入場無料。月曜日・祝日休館。

発達障害の子供にスポーツを 兵庫・伊丹に専用フットサルコート「仲間と出会い、人生を豊かに」(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 発達障害の子供専用のフットサルコートでプレーするスクール参加者ら=兵庫県伊丹市

他人との意思疎通が苦手などの発達障害を抱える子供たちにスポーツに触れる機会を提供し、心身の成長をサポートする動きが広がっている。兵庫県伊丹市には今月、全国的にも珍しい発達障害の子供専用のフットサルコートがオープン。大阪や徳島ではスポーツの個別指導を行う施設が人気を集める。発達障害の子供たちは障害を理由に一般のスポーツクラブから入部を断られるケースがあり、新たな居場所として期待されている。(林信登)

 「さぁシュートだ! えいっ!」。伊丹市のフットサルコートでは、発達障害の子供たちが人工芝の上で、額に汗をにじませながら懸命にボールを追いかけていた。

 関西を中心に障害児向け療育センターを運営する「ココステージ」(大阪府箕面市)が今月、発達障害の子供専用のフットサルコートとして開設。子供が地域のスポーツクラブから入部を断られ、学校の体育の授業にもついていけない-などと悩む保護者から「専用施設で運動できる機会を」との要望を受け、建設された。

 通常(縦約40メートル、横約20メートル)より狭い縦22メートル、横18メートルのコートとし、子供たちがボールに触れる機会が増えるよう工夫。管理者に女子のプロフットサル選手として活躍した奥村愛さん(32)を迎え、子供の症状や性格などに合わせた練習メニューを作成し、コミュニケーション能力や機能の向上も狙う。

 スクール(週5日)には県内から10人の子供が通っているが、県外からの申し込みも多数来ているという。同県宝塚市から通う小学5年の男児(10)は「友達みんなで体を動かすのは楽しい」と笑顔をみせる。

 発達障害の子供が運動できる施設は近年増えてきている。

 理学療法士による専門的なスポーツ指導を受けることができるのは徳島市の「修ちゃん塾」。広さ約20平方メートルの教室では塾長の佐古修司さん(35)の指導のもと、筋力が未発達な部分を重点的に鍛えるトレーニングを実施。4歳から高校1年生までの13人が通っている。

 個別のマンツーマン指導を行っている「チットチャット・スポーツ塾」(大阪市中央区)では、40分間のトレーニングに専属スタッフが付きっきりで、その日の体調や様子に合わせたメニューを考案しながら指導。障害者へのスポーツ指導に15年以上携わるスタッフもおり、1~2年の予約待ちが出るほどという。

 発達障害に詳しい東北大大学院の野口和人教授(教育学)は「学校教育の現場でも発達障害の子供への理解が不十分な部分がある」と指摘した上で、「自ら人間関係を築くことが難しい発達障害の子供らにとって、スポーツは仲間と出会い、人生を豊かにする貴重な場になる」と強調している。

 発達障害 他人との意思疎通や交流が難しい自閉症スペクトラム障害(ASD)▽落ち着きがない注意欠陥・多動性障害(ADHD)▽読み書きや計算が苦手な学習障害(LD)-などの総称。生まれながらの脳の機能障害が原因とされ、乳幼児期から学童期にかけて症状が明らかになる。厚生労働省の平成28年の推計では、発達障害と診断された18歳未満は全国に約21万人いるとされる。

◇   ◇

■「発達障害の子供専用フットサルコート」(兵庫県伊丹市野間北)

問い合わせは同施設(電)072・782・8702

■「修ちゃん塾」(徳島市幸町)

問い合わせは佐古修司さん(電)090・8976・7027

■「チットチャット・スポーツ塾」(大阪府内に4施設)

問い合わせは同塾(電)06・6764・7282

日米朝が「首脳会談」、エンゼルス大谷も登場 奈良・高取町で「かかし祭り」 10月1日から(産経新聞)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 日米朝の3首脳が並ぶ「首脳会談かかし」=奈良県高取町

手作りのかかし約200体が奈良県高取町のメインストリート、土佐街道沿いに並ぶ「高取かかし祭り」(天の川実行委員会など主催)が10月1日から開かれる。日米朝の3首脳による「2018世界首脳会談?」と題した作品をはじめ、ユニークでほのぼのとしたかかしを見ることができる。同31日まで。

 10回目となる今年の目玉は、安倍晋三首相と米国のトランプ大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をモチーフにしたかかし。3人が国旗を背にテーブルを囲んでおり、それぞれの特徴をよくとらえている。

 このほか、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手▽平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、ザギトワ選手に贈られ話題になった秋田犬▽わたがしやたこ焼きの屋台▽案山子(かかし)教室の受講生が作った作品-なども。今年から町内の市尾墓山古墳にも、古代人をイメージしたかかしが並べられる。

 問い合わせは町観光案内所「夢創舘(むそうかん)」((電)0744・52・1150)。