浜辺美波 林修氏は野菜に例えると「カボチャ」 (スポーツ報知)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: (左から)松下奈緒、林修氏、浜辺美波、北澤豪氏

女優の松下奈緒(33)、浜辺美波(18)が30日、都内で行われたJAグループによる「10月2日は直売所(ファーマーズマーケット)の日」制定記念PRイベントに出席した。記念日は、2003年にJAファーマーズ憲章が制定された日で「採(10)れたてに(2)会おう」に由来して制定された。松下はJAバンク、浜辺はJA共済のイメージキャラクターを務める。

 イベントには予備校講師でタレントの林修氏(53)、サッカー解説者の北澤豪氏(50)も出席した。浜辺は、林氏を野菜に例えることを求められると「カボチャ」と答えた。林氏が「妥当なところだと思います。じゃがいもか、かぼちゃか」と納得する中で「番組とかで拝見していても、知識の量とか色んなものがギュッと中に入っている。かぼちゃは、おかずにもスイーツにもなる。先生も色んなものになれる方」と説明。思いがけない褒め言葉に、林氏は「僕自身はえぐみがあるから、ウドとか、そういう方が実態に近いですけど」と照れくさそうに受け止めた。

 また松下は、ロケの合間に、よく直売所に足を運ぶことがあるようで「そこでしか買えないものがあるので、スーパーで買うよりも楽しく料理できる。直売所行脚をやってみたいぐらい」と“野菜愛”をあふれさせた。興味を示す浜辺には「売れ筋のものが(直売所に)入ってすぐにある。それは絶対に買って帰った方がいい」とアドバイスを送った。

 イベントでは、それぞれ野菜にちなんだ川柳も披露した。浜辺は「秋くれば 芋栗南瓜(かぼちゃ) 幸せだ」と見事な一句。松下は「野菜食べ 朝から“まんぷく” よろしくね♪」と自身も8年ぶりに出演するNHK連続テレビ小説「まんぷく」(10月1日スタート、月~金曜・前8時)にちなんだ一句を詠んだ。

King & Prince 平野紫耀、自身の“悟空体質”を告白「自分より強そうなものを見るとワクワクする」(リアルサウンド)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><small> <a href= [ 元の記事 ]
9月29日放送の『嵐にしやがれ 2時間スペシャル』(日本テレビ系)では、「King & Prince記念館」「嵐 VS 佐藤健」「松本潤のTHIS IS MJ」「大野智 大野丸日本一周の旅」が放送された。

 「King & Prince記念館」では、メンバー一人ひとりを徹底解明していった。まずMCの二宮和也はキンプリの歴史的快挙として、表紙を飾った『anan』が発売翌日に異例の重版になったことを発表した。これは創刊48年の歴史で2度目。その1度目は櫻井翔がソロで表紙を飾った時だった。櫻井がすました顔で拍手を浴びているところに、二宮が「みんなは6人でやっと出来たけど、ショウサクライは1人で」と持ち上げると、櫻井が「カラダで売ってますんで」とアピールし、スタジオメンバーを笑わせた。

 前回「THIS IS MJ」のロケで見事な天然ぶりを発揮した平野紫耀は、常人では理解できないぶっ飛んだ幼少期を送っていた。フリップボードにて「骨折した回数は7回。自分の限界を試したくなる」と紹介されると、平野は自身を“悟空体質”と例え、「自分より強そうなものとか見るとワクワクするんですよ。めちゃめちゃ高いところを見たら飛び降りたくなって、骨折です。電柱に勝てそうな気がして、思いっきりパンチして骨折です。僕が挑むものは大体負けて骨折」とクレバーな性格を明かした。

 永瀬廉は「父がパイロットで6回もの転校を経験。人に心を開かなくなる」ということがフリップボードで発表となった。永瀬の父親はヘリコプターのパイロットで3、4年おきに転校し、東京で生まれ、名古屋、大阪、北海道、大阪、東京と転々してきたという。「転校して1、2週間で告白されたことがあって。『ずっと好きでした』と言われて、『お会いしたことあったのかな?』と思って」とモテエピソードを披露した。

 高橋海人は、ジャニーズ事務所に入る前、小学校6年生の時にバレンタインチョコの最高記録が約30個だった。「僕、ダンスやってて、繋がりが多くて」と理由を説明すると、櫻井は「謙遜もかっこいいわ。『ダンスやってて』ってならないもん」と賞賛する。さらに、平野は64個もらっていたことが発表され「僕もダンスをやっていたっていうのもあるんですけど」と同じ謙遜で笑いを取る。ここで二宮が松本潤にもらったバレンタインチョコの数を聞くと「いや、俺、数えてないですよね。そういう感覚なかったですもん、その当時」と振り返り、大野智が「クラスの全員にもらってたんじゃなかったっけ?」と聞くと、「それはもらった。賄賂みたいなもん」と冗談交じりに明かしていた。

 岩橋玄樹が猛勉強中の英語を、岸優太がいつもボツになる足をつる特技を、神宮寺勇太が「40歳を超えたらパンチパーマ」など独特すぎる家系の掟を披露するなど爆笑トークが続く中、ラストは平野の「パンチングマシンをやってみたい」という願いを叶えることに。「生まれてからずっと筋肉質なんです」という平野は、コップを持った瞬間に割ってしまったり、寝返りうったら壁に穴が空いてしまうというエピソードでスタジオメンバーを驚かし、その力量を試したいと説明した。まずは、自身を“力加減バカ男”と呼ぶ相葉雅紀がパンチングマシンに挑戦。パンチ力124kgという記録に対して、平野は118kg、2度目の挑戦で115kgとスタジオは微妙な空気に。優勝が相葉に決定すると、平野は「おかしいな……」と苦笑いを浮かべていた。

 「大野智 大野丸日本一周の旅」では、今回から日本一周プロジェクトがスタートした。今回の舞台となるのは、駿河湾。大野は駿河湾に一度ロケに来ていたのだが、波が荒く、ロケが中止になっていたため、今回がリベンジツアーとなる。一緒に旅をする小泉孝太郎は、大野と会うのは5、6年ぶりで「いつの間にかこんなに黒くなって」と大野との再会に歓喜していた。船で行けない洞窟・天窓洞を巡り、ときには富士山を望み、クルーズを満喫する2人。『ブラックペアン』(TBS系)で二宮と共演していた小泉は二宮の印象を「びっくりするくらいナチュラルですよ。本番ギリギリまでゲームをして、自分のペース、リズムでいて」と舞台裏での二宮を明かす。ゲームと演技の切り替えを小泉が絶賛すると、大野も「どうなってるんだろう。頭の中」とコメントした。漁に出た船からお魚を分けてもらう「パイレーツ・オブ・大野丸」では、底引き網で穫れた深海魚を堪能。ヌルヌルとしたヌタウナギを漁師から差し出された大野は苦笑いで拒むものの、根負けしたのかヌタウナギを泣きながら掴み、「分かりやすく言ったら、小学生のチ○コみたい」と卑猥な例えで小泉を苦笑させた。

 次回の『嵐にしやがれ』の放送は、公式ホームページにて詳細が発表される予定だ。

8.6秒バズーカーはまやねん離婚「今年の3月に」(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 8・6秒バズーカーのはまやねん(左)と田中シングル(2015年2月12日撮影)

お笑いコンビ、8.6秒バズーカーのボケ担当、はまやねん(27)が30日、自身のツイッターで、16年9月に結婚した一般女性と今年3月に離婚していたことを報告した。

【写真】8・6秒バズーカーのはまやねん2時間遅刻で土下座

「私、はまやねんは今年の3月に離婚届を提出させていただききました。お相手の方には感謝の気持ちでいっぱいですが、二人で話し合いを続けた結果、離婚をする事が、今回お互いの将来にとって前向きで、最善の選択である事となりました。わたくし事で、大変恐縮ではございますが、ご報告とさせていただきます」とつぶやいた。

8.6秒バズーカーは中学時代の同級生の、はまやねんと田中シングル(27)が14年4月に結成してデビュー。同年終盤から「ラッスンゴレライ」のリズムネタでブレークした。翌15年3月には初単独ライブを大阪・なんばグランド花月で、所属の吉本興業史上デビューから最短で行った。だが、同年後半にはブームが失速して“一発屋”と言われたが、その後も吉本興業の劇場には出続けている。

はまやねんは16年9月に一般女性と極秘に、できちゃった結婚。17年1月に別の女性と食事デート後にラブホテルに入る姿を写真誌「フライデー」に報じられていた。

エッックス!高畑充希YOSHIKIとガチガチ対面(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 高畑充希(17年3月撮影)

女優の高畑充希(26)が、X JAPANのYOSHIKIと初めて対面したことを報告し、「緊張で顔ガチガチ」と心境をつづった。

【写真】YOSHIKI得意料理明かす「オムレツはプロ級」

NTTドコモのCMでX JAPANの「紅」をアカペラで絶唱し話題となった高畑。YOSHIKIも7月にツイッターで「Wow.. びっくりした。。なんかすごい.. いい意味で!」と絶賛していたが、その縁あってか対面が実現。高畑は29日更新のインスタグラムで「YOSHIKIさんと。エッックス!」と2人並んで「Xポーズ」をとった写真をアップし、ハッシュタグで「#初対面 #緊張で顔ガチガチ #上手く笑えず撃沈 笑」とコメントした。

高畑は、千葉・幕張メッセで開催されたX JAPANのライブを鑑賞し「生でのパフォーマンス 最高過ぎて血が湧きました」と興奮。「あんな風に、観ている側が興奮のその先を体験できるような。そんなパフォーマンスが出来る人にいつかなりたいな。って」との思いをつづり、YOSHIKIに「ライブ誘ってくださり、本当にありがとうございました!」と感謝した。

【祝!4000勝】武豊トーク「もっと結果を出したい」(サンケイスポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 会見を行うJRA通算4000勝を達成した武豊騎手

天才ジョッキーが、ついに大台に到達-。日本中央競馬会(JRA)の歴代最多勝記録を更新し続けている武豊騎手(49)=栗東・フリー=が29日、阪神競馬場の第10レースをメイショウカズヒメで勝ち、JRA通算4000勝を達成した。

 --今の気持ちは

 「あまり自分では意識していないんですが、多くの方に支えられ、多くの人、馬、競馬に恵まれてここまでこられて、大変うれしく思います」

 --場内ビジョンで勝つたびにカウントダウンが進んでいた

 「ただのプレッシャーでしたね(笑)。焦りとかは全くなかったですけど、すごくせかされている感じで、なるべく早くしないと、と思っていました(笑)」

 --岡部幸雄氏の数字を上回ってからは孤独な記録更新が続く

 「普段は全く意識していなくて、自分が今、何勝しているとかは分かりません。区切りが近づいてくると注目してもらえるんですが、明日から全く注目されなくなると思うと、ちょっとさみしくなりますね(笑)」

 --理想の騎手像をまだ追い求めている

 「もちろんです。もっと実力をつけたいし、もっと結果を出したいですね。決して自分の現状に満足はしていないので、もっと頑張らなきゃなと、素直に思います」

 --最後に次の目標を

 「明日のレースを勝ちたいです。早く4001勝目をしたいですね」

原田龍二「捕まらなかったら何でも」過激芸に意欲(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 机に置かれたお盆を手に取る原田龍二(撮影・杉山理紗)

原田龍二(47)が29日、都内で、第3回「Life with Coffee フォトコンテスト 2018」授賞式に出席した。10月1日「国際コーヒーの日」をPRするコンテスト。

【写真】イベントに出演した原田龍二

16年大みそかの日テレ系特番「笑ってはいけない」シリーズで、アキラ100%と披露した“お盆芸”が反響を呼んだ原田だが、この日も銀色のお盆に載ったコーヒーが運ばれると「誰も見てないからやっちゃおうかな」と“お盆芸”をして盛り上げた。昨年はパンツをかぶって「変態仮面」になりきり2年連続で同番組に出演したが、「捕まらなかったら何でも」と今年も出演に意欲を示した。

『監獄のお姫さま』『モンテ・クリスト伯』『ブラックスキャンダル』……復讐ドラマなぜ人気?(リアルサウンド)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 『ブラックスキャンダル』(c)ytv

物語には“王道”が存在する。恋愛もの、家族もの、法廷ものに刑事ものなど。すべての物語は、なんらかのジャンルに属すると言っても良い。それが1クールごとに手を変え品を変え、キャストを変え、作られ続けているのが現状だ。そんな“王道”の物語のひとつ、復讐ものが昨今活気付いていることをご存知だろうか?

『ブラックスキャンダル』でテレビドラマ初主演を務める山口紗弥加【写真】

 ここ1年間に放映された作品を見ても、捏造記事で夫を自殺に追い込まれた女性が、週刊誌に復讐をする『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系)をはじめ、濡れ衣を着せられ収監された企業のひとり娘のために、元受刑者の女性たちが立ち上がる『監獄のお姫さま』(TBS系)、『巌窟王』の名でも知られる世界的に有名な原作を、現代の日本に舞台を移して描いた『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)、天才詐欺師の復讐劇『嘘の戦争』(カンテレ・フジテレビ系)などさまざま。このほど最終回を迎えた『GIVER 復讐の贈与者』(テレビ東京)も忘れてはならないし、10月クールの新ドラマには芸能界を追われた元女優がプロダクションに復讐をする『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)が控える。各局がこぞって製作に乗り出す、その魅力とは一体なんだろうか。

 たとえばシェイクスピアの『ハムレット』、そして日本の『忠臣蔵』。復讐劇のいくつかは、エンターテインメントの代名詞として古くから人々に親しまれてきた。背景となる出来事は、家族や恋人など身近な人にまつわるものから、巨大な権力に抗おうとするものまでさまざまだが、いずれも虐げられた主人公が綿密に策を練り、または仲間や思いを同じくする協力者と力を合わせ、ターゲットを追い詰めていくという展開がベースとなっている。復讐自体よりも、成し遂げるまでの過程が肝だ。当然、その中にはサスペンスフルな出来事もあれば、感動のエピソードが描かれたりもする。視聴者は、主人公とともにターゲットへの怒りを募らせ、復讐まで道のりを見届ける。そして最後に訪れるのは壮大なカタルシス。復讐を成し遂げた主人公は、必ずしも幸せになるわけではなく、むしろ悲劇的な結末になる場合も多い。総じて復讐ものとは感情を揺さぶり、観る者を夢中にする要素が多い物語であると言える。

 その上で、昨今製作された復讐ドラマに目を向けると、共通するのは設定の面白さだろう。マスコミ業界や芸能界など舞台に目新しさを加えたもの(『ブラックリベンジ』、『ブラックスキャンダル』)、また著名な海外文学を大胆に脚色してみせたり(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』)、“復讐代行人”というキャラクターを登場させることでさまざまな“復讐”をオムニバス形式で語る作品(『GIVER 復讐の贈与者』)も現れた。設定に視聴者の興味を引くスパイスを加えることで、同じテーマや似た展開であっても飽きさせずに見せようとする工夫が功を奏している。自然、演じる役者陣にも要求される演技の幅は広がり、見ごたえのある芝居が出来上がる。ある程度、展開の約束された安定感、そこにいかに興味を引く設定を付加できるか。“王道”の中にもチャレンジが活きる点が、制作側のクリエイティブ魂をくすぐるのかもしれない。

 また一方で、これだけ復讐ものがコンスタントに作られる背景には、ままならない毎日に不満を抱える人々が多い、ストレス社会にも一因があるように思う。ドラマは娯楽性の強いフィクションでありながら、どこかでは世相を映す鏡。「物語の中でくらい、スカッと憂さを晴らしたい」。そんな願いを復讐ドラマは叶えてくれているのではないだろうか。

TOKIO松岡昌宏、84歳草笛光子と息合うダンス(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 舞台「新・6週間のダンスレッスン」初日を迎えた草笛光子(左)とTOKIO松岡昌宏

TOKIO松岡昌宏(41)が29日、東京・よみうり大手町ホールで舞台「新・6週間のダンスレッスン」の初日を迎えた。主演の女優草笛光子(84)がライフワークとして06~14年まで通算194回上演し、今回200回に到達する同作品に、初めて出演する。

【写真】草笛光子「情け容赦しません」松岡昌宏5年ぶり共演

ダンスレッスンを通じて出会う年齢も生き方も違う男女が、次第に心を通わせていく物語で、息の合ったところを見せた。松岡は「今までご覧になった方もそうでない方も、また新しい気持ちで楽しんでいただけるのではないでしょうか」と話した。

三田佳子、次男逮捕後初の公の場 明るく振る舞うも思わず涙「もう一度奮起」(スポーツ報知)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 「花の乱」の映像を見ながら涙をぬぐった三田佳子

女優の三田佳子(76)が29日、横浜情報文化センターで行われた公開セミナー「名作の舞台裏『花の乱』」に出席。11日に次男・高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されて以来、初めて公の場に姿を見せた。

【写真】次男で職業不詳の高橋祐也容疑者

AKB藤田奈那が卒業発表、今後は舞台女優を目指す(日刊スポーツ)

するするこうそ


><br />aaa<br />bbb<br />
xxx<br />
yyy<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYR+AWD1JU+270Q+NW4I9 target=_blank rel=nofollow><br />
<img border=0 width=300 height=250 alt=
><br />ddd<br /><img src=

[ 元の記事 ]
出典元: 第6回AKB48じゃんけん大会で優勝した藤田奈那(2015年9月16日撮影)

15年のAKB48じゃんけん大会に優勝したAKB48藤田奈那(21)が29日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場公演で、グループ卒業を発表した。卒業公演などの日程は未定で、最後の握手会は12月23日になるという。

「13歳でAKB48に入って、9年目になりました。卒業を考えたことは何度もあったけど、少しでもAKB48に何かを残してから卒業したいという思いがあってここまでいました」。5月に劇団れなっちの「ロミオ&ジュリエット」に、ダブルキャストの主人公ロミオ役で出演。「ロミジュリでは、大好きな舞台という場で、大好きなAKB48に少しでも貢献できたような期がして、やり残したことはないと感じました」と、卒業を決意したタイミングを明かした。

終演後には自身のブログで「寂しい気持ちはあります。でも、迷いはありません。わたしはいまここで新たな一歩を踏み出したいです」(原文まま)と決意を語った。今後は舞台女優を目指して活動する。

藤田は10年にAKB48の10期生として加入した。同6月に劇場公演デビューし、当初からダンス力の高さに定評があった。15年にはじゃんけん大会で優勝。ソロCDデビュー曲「右足エビデンス」を劇場公演やコンサートの人気曲に育て上げた。

藤田の卒業で、10期生は加藤玲奈(21)と、タイ・バンコクのBNK48に移籍した伊豆田莉奈(22)ら4人になる。加藤は公式ツイッターで「発表お疲れ様。日本にいる10期1人だよー あのね、、、結構寂しいよ」とつづった。