感謝の手紙に揃って号泣!橋下氏が自身を命がけで護衛しつづけたSPの思い出を語る(AbemaTIMES)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 橋本大二郎氏と橋下徹氏

1日放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』にゲスト出演した元高知県知事の橋本大二郎氏が、大阪府知事・大阪市長を歴任した橋下徹氏と、自身の護衛に当たった警察官たちとの思い出を熱く語った。

橋本大二郎氏(以下、橋本):「君が代」についての発言などがあったことで、凱旋右翼が知事公邸のシャッターに車をぶつけたことがあった。大して怖くはなかったが、県庁の周りにも街宣車が回るようになって。地方の警察の場合、警護の実地訓練をする場があまりない。もともと僕にSPは付いていなかったが、県外から要人が来られることもあるので、ノウハウを身に付ける意味でも県知事に付けましょうということになった。それからしばらく、プライベートな時間にも2人の警護が付くようになった。

毎朝、女房とウォーキングする時も間を挟まれて。SPのペースに合わせないといけないから辛くて。ついに腰が痛くなった(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です