「2年後の五輪に向けて成長を」 日米野球、9日から 侍J・稲葉監督に聞く(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 日米野球への意気込みを書いた色紙を手にする「侍ジャパン」の稲葉監督=東京都港区

大リーグ選抜と野球日本代表の侍ジャパンが対戦する「日米野球」が9日(15日まで東京ドームなど)から4年ぶりに開催される。今大会は2020年の東京五輪へ向けた、強化試合という位置付け。米選抜を相手に、稲葉篤紀監督(46)がどう挑むのかを聞いた。

 ――今回の侍ジャパンはどういう選考基準か。
 「経験のある選手と若手との融合チームだが、基本的には五輪を見据えてステップアップをしてほしいという思いで選んだ。なによりも日の丸を背負う責任をそれぞれが感じてほしい」
 ――ホームランを打てる4番打者の候補が多い。
 「そこは、すごく悩んでいるところ。……
本文:979文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です