神楽とカウンターテナーの共演 荘厳な舞台「奉 縄文神楽」(産経新聞)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 「奉 縄文神楽」の場面。イザナギノミコトが神々を生み出す様子を表現している(石山社中提供)

澄んだ変幻自在の歌声と荘厳な神楽の舞。重要文化財「自由学園明日館」(東京都豊島区)で10月27日に開催された「奉 縄文神楽(たてまつる じょうもんかぐら)」で、武州里神楽「石山社中」の十世家元・石山裕雅さんと、カウンターテナー歌手・本岩孝之さんが共演。日本の伝統芸能と西洋歌劇の融合した舞台が展開された。

 「奉 縄文神楽」は、神様を迎える第1幕「降神の儀」から始まった。舞台は神域に見立てられ、笛の演奏とともに、中央に置かれた仮面に神が降ろされるシーンが上演された。その後、舞手が現れ、神の宿った仮面を装着。舞手はイザナギノミコトにふんして、天地創造の舞いを披露した。

 本岩さんが登場したのは「縄文の魂」の幕。笛や太鼓などの演奏にのせ、本岩さんはバリトンの音域とカウンターテナーの音域を歌い分けて自在の歌声を響かせた。舞台ではこのほか、伝統に新しい息吹を吹き込んだ創作曲「大和礼賛」「弥生神」なども上演された。

 石山さんは「縄文時代は一万数千年続き、大規模な紛争など起こらず、世界にも類を見ないほど長期間平和が保たれた時代。日本人の先祖は平和を愛する心を持っていた。このことを誇りに思ってよいのでは」と話す。舞台を見終えた埼玉県在住の姉妹は「別世界に誘われるような神秘的な空間だった。歌声が体に響いて、とても心が揺さぶられました」と魅了されていた。(高原大観)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です