大相撲「暴力決別宣言」 協会が再発防止策 報告義務、怠れば制裁(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 角界の暴力根絶に向けて決意を述べた八角理事長

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が25日、東京都内で記者会見を開き、相次いで起きた暴力問題に対する再発防止策を発表した。暴力を受けたり、目撃したりした際の報告義務などを盛り込んだ「暴力禁止規程」を設けることなどが軸で、八角理事長は「意識改革を粘り強く行いたい」と強調した。

 暴力問題を巡っては、協会が設置した第三者委員会「暴力問題再発防止検討委員会」が19日に最終報告と提言を行っていた。
 これを受け協会は、指導名目を含めて「いかなる目的の暴力も許さない」などとする「暴力決別宣言」を策定。……
本文:1,269文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です