「解散は首相の専権事項」のウソ(石田純一)(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 石田純一

先日、内閣不信任案は否決されたが、そもそもの話、衆議院の解散権はだれのものだろうか。憲法学者たちが「解散権は首相の専権事項だ」と言い、メディアもそれに追随してきたけれど、実はこの解散権、とてもあいまいなのだ。

 政府は、首相に解散権があると解釈する根拠は憲法第7条にある、と言っている。初めて第7条に基づいて行動を起こしたのは、1952年の吉田茂内閣の「抜き打ち解散」だが、では第7条にはどう書かれているのか、最初に確認しておこう。

7pay問題、NETFLIXライバル社の破綻…経営トップの「ITリテラシー」が企業の明暗をわける(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 経営トップのITリテラシーが企業の生死を分ける事例はめずらしくない(写真はイメージです)

セブン&アイ・ホールディングスのスマホ決済サービス「7pay(セブンペイ)」で不正アクセス被害が発生し、混乱が生じている。7月4日の記者会見によると、被害者は約900人、被害額は約5500万円に上るという。不正アクセスを招いたセブンペイの脆弱な仕様に加え、記者会見上でセブン・ペイの社長が「2段階認証」を知らないと思われる発言をしたことで、ネット上に経営トップのITリテラシーの低さを嘆く声が広がっている。

 ***

「東レキャンペーンガール資格剥奪騒動」訴訟で飛び出した「枕営業」の証拠(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 裁判の中で枕営業の実態が明かされていた(※写真はイメージ)

数年前に起こった「東レキャンペーンガール」の“資格剥奪騒動”を覚えているだろうか。2014年シーズンのキャンペーンガールに決まっていた森友里恵さんの起用が中止されるという前代未聞の騒動だったが、背景にあった「事務所移籍トラブル」には後日談が。そのトラブルが元になった裁判の中で、ナント、「枕営業」の実態が明かされていたのだ。

丸山桂里奈に吉田沙保里……下着になった元アスリートたちに感じる違和感の正体(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 下着モデルになった丸山桂里奈

国民栄誉賞受賞のアスリートが下着モデルに。トリンプのモデルとして丸山桂里奈が、ワコールのモデルとして吉田沙保里が抜擢された。両人とも人気と実力を兼ね備えたアスリートとして活躍、今はフィールドを変えてバラエティやCMで引っ張りだこである。

 海外では痩せぎすのモデルだけを賞賛する風潮は鳴りを潜め、どんな体型やサイズの女性にも広く門戸を開くブランドは好感を持って受け止められている。そういう意味では、モデルの多様化というのは良いことなのだろう。以前もお笑い芸人の平野ノラが下着姿を披露して話題になった。平野は40歳、丸山や吉田は36歳と、若いモデルばかりの業界にとっては画期的なことである。

神奈川逃走事件を招いた甘過ぎ「女性裁判官」の知られざる人物像(デイリー新潮)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 再保釈決定者である女裁判官の素顔は…

実刑が確定していた小林誠容疑者(43)が、4日間にわたって逃走を続けた事件では、取り逃した横浜地検トップが謝罪。が、筋金入りのワルの小林容疑者に、再保釈を許可した地裁の責任は。再保釈決定者である女性裁判官の素顔は……。

 ***

宝くじが当たれば離婚?別れたい妻が83%もいる!?(All About)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 夫の言動が元で妻にストレスがたまり、心身に不調が現れる「夫源病」の命名者である大阪大学の石蔵文信さんが、独自のアンケート結果を発表した。

夫の言動が元で妻にストレスがたまり、心身に不調が現れる「夫源病」の命名者である大阪大学の石蔵文信さんが、独自のアンケート結果を発表した。それによると、離婚を「しばしば」「たまに」考えている妻は83パーセントにも及ぶという。

(未来ノート―202Xの君へ―)サーフィン・五十嵐カノア チームジャパン(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 昨年の世界選手権で2位になり、日の丸を手にする五十嵐カノア(左)

■日の丸、モチベーションに サーフィン・五十嵐(いがらし)カノア
 米国で育った五十嵐カノア(21)=木下グループ=は英語と日本語のほか、ポルトガル、フランス、スペイン語も操(あやつ)る。どうやって勉強したのかを聞くと、笑って言った。
 「簡単だよ。友達から教えてもらうんだ。僕は世界中に友達がいて、世界がホームみたいなものだから」
 どこでも、誰とでも友達になれる性格は、幼少期の生活が影響(えいきょう)している。12歳からカノアを見てきたスポンサーのクイックシルバーの吉村裕次さん(49)は「初対面から物おじしない子だった」という。……
本文:961文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

(五輪をめぐる)栄光の架橋:1 体操ニッポン、刻んだ名実況(朝日新聞デジタル)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: アテネ五輪で優勝し、金メダルを胸に声援にこたえる(左から)米田功、水鳥寿思、鹿島丈博、冨田洋之、塚原直也、中野大輔

歓喜の瞬間は、「栄光の架橋」の実況とともに語り継がれる。
 2004年8月16日、アテネ。体操男子団体総合で、日本は28年ぶりの金メダルを目前にしていた。最終種目は鉄棒。最後に演技するエース冨田洋之(38)が8・962点以上出せば、優勝が決まる。
 実況するNHKのアナウンサー刈屋富士雄(59)は、マイクのスイッチをいったん切り、隣を向いた。
 「コールマンを決めたら、『金』が決まりますよね?」
 解説者の小西裕之(55)に小声で確認した。「そうそう」と小西がうなずく。得点計算上、手放し技のコールマンを決めた時点で、仮に着地で尻もちをついても、日本は2位の米国を上回る。……
本文:2,180文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

乃木坂46・堀未央奈“ずっと目指してきた”女優、本格始動! “映画現場のセンター”は「支え合うことも大切」(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd

[ 元の記事 ]
出典元: 乃木坂46・堀未央奈

■理想のセンター像

 17歳にしてアイドルグループ「乃木坂46」のエースを経験し、5年。まだ22歳だが、“理想のセンター像”について毅然とこう語る。

 「グループがピンチに陥ったとき、みんなを励ます強い心を持っているのがセンターの務めだと思います」

 公開中の映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」で初主演、女優として本格的に演技に挑戦した。

 “映画現場のセンター”は座長でもある。

 だが、理想の座長像については「支え合うことも大切だと知りました。乃木坂46は女性ばかりのグループですが、今回の映画の主要キャストはヒロイン役の私以外、男優が3人。みんなに頼った方がバランスが取れると分かったから。座長に求められたのは現場の雰囲気作りでした」。そう話す表情には自信がみなぎっていた。

 映画は、ベストセラーの人気少女漫画を原作に、映画「溺れるナイフ」(2016年)をヒットさせた注目の女流監督、山戸結希がメガホンを撮った。

 初の主演女優として演じたヒロインは、東京都内のマンションに住む女子高生、初(はつみ)。幼馴染の亮輝(清水尋也)、梓(板垣瑞生)、兄の凌(間宮祥太朗)の3人に思いを寄せられながら成長していく初の姿を描く。

 中学1年生のときにテレビのドキュメンタリー番組で見た、華やかな舞台の裏で戦うアイドルの真剣な姿を知って感動。乃木坂46の2期生となる決意を固め、故郷の岐阜から上京した。

 アイドルとしてデビューする一方で、「ずっと女優というお仕事に強い関心がありました」と打ち明ける。

 新曲を出す度に、プロモーション用のMV(ミュージックビデオ)を撮影するが、「もちろんアイドルも歌や踊りも好き。でも、MVで演じるお芝居が大好きで、もっと本格的に女優がしたい、と考え続けていました」。

 乃木坂46の14枚目のシングル「ハルジオンが咲く頃」の演出を務めた山戸監督は、そんな彼女の思いを見抜いたかのように新作映画で主演女優に大抜擢した。

 ■“未完”の自分重ね

 「撮影前から何度も監督と役作りについて話し合いました」。互いにこの映画に懸ける情熱をぶつけ合った。

 ロケ地となった舞台は、東京・豊洲の公園や東雲(しののめ)の大規模な公団住宅。東京五輪の施設が建設中のこの湾岸エリアが、印象的にスクリーンに映し出される。

 「来年のオリンピック開催に向けて、まだ、完成しきっていない湾岸エリアでの撮影は刺激的でした。私はその変貌する街の姿に、未完成で揺れ動きながら成長する10代の初の姿を重ね合わせて演じようと決めました」

 岐阜で過ごした少女時代。高校生の頃の自分の姿を思い出しながら、「不安定な初の心情を夢中で演じた」と言う。

 映画は見るのも大好きで、特にホラー映画好き。幼い頃から「バタリアン」や「バイオハザード」シリーズなどを見てきた。「ホラー映画には、怖さの中にも必ず笑いのコメディー要素が描かれていて奥が深いんです」と解説する。

 今回、役作りのために参考にしたのが、2人姉妹が主人公のフィンランド映画「ヘイフラワーとキルトシュー」(02年)だった。

 「初と妹との姉妹の微妙な関係を演じるための参考になりました」

 映画に初主演することで、ますます女優という仕事に興味を深めたという。今作では、幻想的でミステリアスな役柄を演じたが、お笑いのファンで、「コメディー映画にも興味があります。コメディエンヌにも挑戦したいし、テレビの連続ドラマでも演じてみたい」と、さらなる夢を募らせている。(ペン・波多野康雅 カメラ・南雲都)

 ■堀未央奈(ほり・みおな) 1996年10月15日生まれ。22歳。岐阜県出身。2013年3月、女性アイドルグループ「乃木坂46」の2期生のオーディションに合格。同年11月、乃木坂46の7枚目のシングル曲「バレッタ」でセンターポジションに抜擢され、リードボーカルを務める。テレビのバラエティー番組やラジオ番組のDJなどでも活躍。映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」で映画初主演を果たす。

バレエとクラシックのファンの架け橋に 新国立劇場バレエ団指揮者・冨田実里 指揮者のオシゴト(夕刊フジ)

毎日快調ですか?


><br />aaa<br />運動不足は体調不良の原因となります。<br /><a href=https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE target=_blank rel=nofollow>習慣から変える!顔×生え際頭皮の一体ケア【はだぎわ美容液】</a><br />
<img border=0 width=1 height=1 src=https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPEYS+ATYY0I+3ZJS+60OXE alt=
ddd
[ 元の記事 ]
【意外と知らない指揮者のオシゴト】

 オーケストラの演奏とダンサーのパフォーマンスが一体化するバレエ公演。指揮者や楽団はオーケストラピットで演奏している。冨田実里は「60~70人で演奏することが多いです。目線が舞台と同じぐらいの高さになる指揮台が、指揮しやすい。コントラバスのヘッドがピットから突き出ないように配慮も必要です」と明かす。

 子供の頃からピアノやバレエを習い、中高は吹奏楽部でチューバを吹き、指揮も経験。「みんなで音楽を作り上げる楽しさ」を実感し、部活引退後、数多の指揮者を輩出する桐朋学園の指揮教室に通い始めた。

 「堤俊作先生が『現場に来なさい』のタイプで、バレエに関わるスタッフの現場を間近で見るうちに、リハーサルピアニストもするようになって…」

 入学した国立音楽大学ではピアノを専攻。ここで不思議な体験をする。

 「連弾や2台ピアノでいろんな先生の指揮伴奏をしていましたが、指揮者によって、いつもの自分とは違う音色が出たり、難しいところがすんなり弾けたり。『指揮ってスゴい! 直接音を出してないのに、何でこんな音が出るの?』と驚いて、指揮ができるようになりたいと思いました。21歳の頃でした」

 バレエの現場は「さまざまな分野のプロが、違う登山ルートで頂上を目指す感じで、自分の描いた地図通りにいきませんが、通訳し合って進めています」。例えばダンサーが「テンポが違う」と言っても、実は動きに応じて音の軽さや伸び方を変えるとクリアできたりする。

 2015年には英国のイングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)に招聘されて『ロミオとジュリエット』や『くるみ割り人形』を指揮。日本人ダンサーも活躍する人気バレエ団で、その後の来日公演や本国公演にも登板。昨年と今年は英国のバーミンガム・ロイヤル・バレエ(BRB)でも指揮した。

 「海外のバレエ団は公演回数が多いので、ENBのように指揮者が本番で変わることは時々あります。それでも演奏が成り立ち、ダンサーも踊れる。今年2~4月のBRBの『美女と野獣』は約50公演あって、私は3月に6回振りましたが、指揮は数人で回していましたね」

 今後、仕事を通じてやりたいことは「バレエファンにもっとクラシックを聴いてほしいし、クラシックファンにはバレエを見てもらいたい。バレエとクラシックのファンの架け橋になりたいです」。(原納暢子)